2011年1月17日月曜日

トランスファー



















まさかの失敗。
昨晩の塗り終わり1時間はそんな兆候すら無かったのに。

上・左は全然良好。
何故右だけが食いつかなかったのか
その理由すらわかりません。
明らかに言える事は
一部食いつきが無くクリア下で浮いている様子が伺えたので
アートナイフで切開、ワニスを補充してみたが、
どこまでも簡単に剥がせそうな脆弱な食いつきなのが判明。
綺麗にアートナイフを入れてみたら
ものの見事に全て綺麗に剥がれました。。。


何年この水転写で苦労すればいいんだろう。
何一つ失敗・成功の鍵すら検討もつかない。
100枚以上貼っているのに。
やはり昨今対策品で転写しないタイプの
デカール式が普及してきたのは
そういう意味なんだろうな。
ウレタンでは無理があるんだろう。
ここまでくると、もうそうとしか思えない。


もう泣きたい。。。。

2 件のコメント:

  1. ご苦労様です。。。
    あれ?自力で入れたんですね。
    注文もらってるのどうしましょ?
    失敗なら手配したほうが(とっくの前にしてはいますが。。)良いですかね?

    返信削除
  2. suprememoto殿
    いえ、これはどういうワケだか
    現在VINCENTが3台も入ってるので
    最初の1台目の分の発注分なんす。
    自分でもどこに何枚発注したのか
    既に理解んなくなってますけど(予備もあるし)
    そっちのはそのまま発注で
    お願いします。

    うわぁぁあああ~ん(号泣)

    返信削除