2009年12月14日月曜日

谷保天満宮旧車祭

日曜日にお店から10分の谷保天満宮で催された
「谷保天満宮旧車祭」に参加して参りました~
こちらは記念すべき第一回。
ウチの車、廃エースは参加資格の年式ギリッギリ(笑)
イベントの趣向からしてもどー考えても浮きまくりでしょうが、
参加資格あるんですし、
一応多摩地区のモーターカルチャー担う端くれなので、
ここは物怖じせず参加でw






















実はこの谷保天満宮、遥か101年前に
日比谷からここまで日本で初のクルージングが行われた
物凄く由緒或る地、なのです。
こりゃあ相当な銘車が揃うぞ。。。。

境内には相当数の鶏がおりました。
しかも放し飼い。
そんな銘車の横をフツーにうろちょろしてますw
鶏が大の苦手なウチのカミさんには
どうやら軽く虐待行為だったようです(笑)






















VW TYPE3のアバルト。
隣にはポルシェ914のアバルトもおりました。
正直、ドイツ車にもアバルトあるって
知らなかったっす。






















トライアンフ軍団。
隣のTR4を覗き込むのは
現行車を愛せなくなったザンネンな少年、
ウチの息子w
TR4はデザイナーがイタリアンなので
よく賛否ありますが
ワタシは結構好きです。



















ジャギュアのEタイプ。
折角なのでジャガーでわなく、
キングス訛りのジャギュアと呼ぼうw
いやはや、造型もサウンドも
全てがスバラシイです♪





















そして旧車イベントで欠かせない
360ccサブロク軍団も。
サブロクはちっこくて個性的で
やっぱし好きだなぁ~~






















こちらはMG軍団。
因縁のトライアンフ軍団とは
離れにディスプレイされてて、
意図的なのか偶然なのか
そんな展示方法もグッドですw





















オースチン・ヒーレー。通称カニ目。
15年前はまだまだ英車入門な存在で
まま見かけましたが、
最近は見かけなくなりましたね。
でも最近見る個体はどれも綺麗です。
























MGのコックピット。
ダッシュボードの曲線美といい、
曲面のバブルガラスのメーターも
フラットなバンジョーステアリングも
ローズウッドのコンソールも
全てが芸術の域ですわ。
当たり前だがカスタムする必要、ナシ。
オーナー様が非常に気さくな方で
Egルーム拝見させてくれたり、
車のエピソードを数々聞かせてくださいました。
愉しかったです~






















神社仏閣と真紅のMG。
荘厳と優雅と気品の融合。
素晴らしいシチュエーションですわ。






















別のカニ目のコックピット。
この色使いがブリティッシュでいいな~
自分の廃エースのまったりベンコラもいいけど、
この短くカツカツ決まるシフトも
走ってて愉しいんだよな~~






















アストンマーチンですか。。。。
少々廃エースで参加にビビッて参りました(笑)





























メルセデスのヘッドライト。
そのカットパターンもステキだし
BOSCHの旧ロゴも言うことナシ。
英国のレンズカットとも違い、
ドイツ車のそれは柔らか味がありますね。
もうね、オリジナルで素晴らしい参加車輌だらけで、
ワタシはこの日、こういった
部品のアップ画像ばっか撮ってました(笑)
あぁ、職業病。。。。






























こちらは48年ヒルマンのリアフェンダー。
・・・のアップw
フェンダーのストーンガードが
銅版叩き出しってのもCOOL過ぎます。



























灯篭とヒルマンミンクス。
ほら、ステキでしょ?

40年代のこのヒルマンといい、
スチュードベーカーといい、
ウィリスといい、
フロントグリルがちょいとガチャガチャなのが
ワタシはかえって好きなんですよね~
因みにヒルマンはリアビューも
いいカンジでブサイクで堪らないです。
これ、ワタシ的には凄く褒めてます(笑)























モーガン2機。
Egフードのベルト留めが
何とも戦闘的でいいですな。





















牛様とメルセデス。
なんだか理解んないけどステキ。





















この男も参加。
ついでに財布を忘れたさっちんも(笑)
見て理解る通り、やはり嬉しそうw
ワタシ達はRODカルチャー好き全開に思わがちですが、
二人ともオリジナルもヨーロッパ車も
同じくらい好きです♪

さっちんは「おしるこ」を買い食いしとりましたが、
Ryozzy氏からツケで借りたのでしょう(笑)




















狛犬とMG。
佇まいがステキ。
この年式の車ならリムからスポークまで
ソリッドでペイントされててもマッチングは最高です。
いや、むしろソリッドでないとダメでしょう。





















ナンバーがナチュラル・エイジングされてるコロナ。
外車はやはりナンバーが若い個体が殆どでしたが、
国産はこういったナンバーまでもが
風格ある車体も多いのが好きです。





















やべー、シングルナンバーだ!!
国産旧車はこんな風に
シングルナンバー継続な個体も多いですね。
ずっと所有し続けて気付けば旧車に。
ライフスタイルが自然に「それ」なんて、
これもまたステキです。

因みにこの年式のプリンスは
下手なアメ車よりアメリカンですね。






















コルベット。
これはやはりカッコいいですな!!
売り出し設定でオープンカーしか無いって、
そんなアメリカも大好きです(笑)





















ルノーアルピーヌA10。
カーグラTVのオープニングで
これの白いA10が疾走してるシーンがありましたが、
少年だったワタシは
これを完全にフェラーリの246ディーノか何かの
ラリーカー仕様だろうと思い込んでいて
(フロントの埋め込みフォグランプが只者ではないのは理解った)、
後にこの車体がルノーと知った事実がゴザイマス。。。
GITANESブルーのワークスカラーで乗りたい~~♪






















かなりディープな車種、SAAB。
これはワタシも初めて観ました。
オーナー様もそれを知ってか、
お手製のボードで車体を説明(笑)
こういう外部への「優しさ」、
いいですね♪























ボルボアマゾン。
これも車詳しくない方だとアメ車と勘違いされる車です。
一時はリトルアメ車とかも呼ばれてましたが、
やはり最近は流石にあまり見かけなくなりました。
実は一回、本気で所有しようかと考えたコトあります。
まー、リトルアメ車の代名詞みたいな
激しくチョップされた個体だったんですけど(苦笑)。
それももう10年前のお話でゴザイマス。





























恐れ多くもフェラーリのステアリングを握るさっちん。
モーター大好きで多少詳しいさっちんは
事の重大さに完全にビビッてますw
でもモーター大好きで多少詳しいさっちんは
この30秒後にはかなり吹かして喜んでおりましたw
絶対にシフト繋いだらダメですよ!!
鈑金代だけでエラい事になります。。。






















とてもビビットなカラーのアルファ1750。
車内はロールバーガッツリでかなり本気。
それもそのはず、この車体、
海外で実際に競技車輌だったそうで。
オーナー様がやはり気さくにお話してくださいました。























でもってやはりフードご開帳w
なんと定番のウェーバーでなくデロルトキャブ装着。
これは初めて観ました。






















Ryozzy氏のチョロ号も負けじとEgお披露目w
あ、ウチで塗ったフォンデュ鍋だ(笑)



























お馴染みラングラーWEBの小澤氏。
おー、ハイエースの同士がいた~♪と思ったら
氏は本日は40クラウンで参加。
そっか、氏はいっぱい車持ってるんだった。。。。

























神主さん直々祈祷w
なんという有難いイベント(笑)
主催の方々も参加の方々も年齢層が高く、
ワタシらは間違いなく若輩者でしたが、
皆さんだからといってお高くなぞしておらず、
非常に気さくにお話してくださったり、
詳しくスペックを教えてくださったりと
良い意味でオトナなイベントでございました♪
また、意外にも
「立川でモーターサイクルのレストアされてる方ですよね?」
とかワタシを知っていらっしゃる方もままおり、
何だか恐縮です。
一層多摩地区で悪さ出来ませんね、もうw






















カラーリングな素敵なナロー911。
あ、そっか。
RODショーのFACTORY R54さんのトラもそうでしたが、
ワタシ、ブルー/グリーン系好きなんですね(笑)
このエンブレムはオリジナルなのでしょうか?
だとしたらゴールドとの愛称、抜群です。
カスタムだとしたら
オーナーのセンス、抜群です。





















一日のんびり一台ずつじっくり鑑賞したり、
参加費無料なのにお弁当手渡されてビックリしてみたり、
ホットコーヒーが無料で振舞われてビックリしてみたり、
更にはティータイムにケーキまであってビックリしてみたり、
境内の休憩所でポカポカでいられるのにビックリしてみたり、
車内でゆっくり寝転がってみたり(笑)





















最後に国立市街を有志でパレードラン。
ここまでくればもー物怖じせずこれも参加で(笑)
小澤氏の40クラウンを前に見ながらパレード開始。
「この辺は幼少時代住んでたから庭みたいなモンだよ!!」
と言っていた氏なので、
途切れ途切れになったパレードでもルートは大丈夫だろう、と
まあ安心して後ろ走ってたら信号でクラウンから降りてきて
「これでルート合ってる?」
あぁ、ルートちゃんと確認してなかったですか(笑)
急遽先頭替わってパレード再開。
何故か40クラウンとコルベットとナロー911と
レンジローバーを引き連れる廃エースw


アットホームで非常に愉しめたイベントでした♪
谷保天満宮で行われる事に意義の或るこのイベント、
次回からは知名度も上がり参加申し込みも多いでしょう。
そーなると来年からは参加車輌の制限もあるかと思います。
第一回目、参加出来てよかったですw
皆さんお疲れ様でした!!!




















こんなお土産まで!!
更に天満宮の交通祈願のお守りまで!!
何というありがたきイベント(笑)

ありがたや、ありがたや~~~

2 件のコメント:

  1. いいイベントですね~なんだか紳士の集いな感じがします…

    谷保天神…先日娘の七五三をここでやりました。
    オレもここでやったんだよなぁ。

    返信削除
  2. を~、ここがRyoさんのゆかりの地、
    なんですか!!
    ワタシはカミさんと結婚して府中住んでたから
    「おおくにたま神社(字理解らん)」くらいしか
    多摩地区のは知りませんでした。。。
    でもこの谷保天満宮、
    自動車遠乗り&自動車倶楽部発祥という、
    どちらも日本初&皇室エピソードという、
    実はたいそうなゆかりの地らしいので、
    今後は前通過する際は心の中で拝むコトにしますw

    返信削除