2015年4月13日月曜日

ほぼJOINTS関係ない回顧録。

昨日のJOINTS。
こんちゃんのエンフィとワタシのSR2台で名古屋まで観に行きました。
当初こんちゃんがエンフィ単機で名古屋まで行こうとしていたのですが、
こんちゃん妻のあきちゃんが
「あれは名古屋まで無事に辿り着ける乗り物なのでせうか?」と詰問され
(あきちゃんは心配事になると敬語になる)
「ならば俺も一緒に行くよ」で2機で向かう事になったのですが
あきちゃんがワタシはドカで行くと勘違いし
「貴方達はバカなのでせうか?」と最敬語になってしまったので
勿論ワタシは何も問題の無い18年目の愛機SRでの出撃となったのです。


先に申し上げます。
この回顧録はJOINTレポートはほぼありません。
JOINTS詳細レポートは他の方の優秀なカメラお持ちの方のBlogでお願いします(笑)
そして、我々は走行中に写真を撮るような行為すらしないのでほぼ文章です。
というより走行中に写真撮れるような優秀な機体に乗っておりませんw
ほぼほぼ文章の回顧録で宜しければこの後お付き合いくださいませ(笑)


先ず行きの高速乗る前に過酷な1日の「兆候」が襲い掛かります。
ガス給油しようと手前でGS入ったら
SRのキャップの固定ボルトが1本折れてました。
GSの店員さんが六角持ってきて締めようとしてくれましたが
頭だけ折れてネジが中に残っていたので
逆タップなんざ持ってないしこれではどうしようもないので
「ありがとうございます。どうにか閉まるのでこれで行きますよ」と
GS店員さんにお礼言ってこのまま向かう事にします。
下の画像は本日戻って来て撮ったものですが、
往復700㎞弱の道中の絶え間ない振動で残ってたボルトも緩んで
どうやらどっか行っちゃったみたいです(苦笑)
そしてこれが行きのサプライズの伏線となります。


何も問題なく第2東名も通過。
一応、今回の問題児であろうエンフィのこんちゃんを先頭に追走で走ってたのですが、
この辺でこんちゃんが「前走るの飽きたっす」で前後交代。
浜松過ぎて伊勢湾岸入ろうというところでミラー見てもこんちゃん、いない。。。。
待て待て待て待て、今さっき車1台パスした時はいたぢゃん。
っつても目視で後方確認してもいないモンはいない。
いや、そうは言っても衝撃音とかは無かったから最悪の自体ではないはず。
路側に闇雲に停止する方が道路上問題なので、
次の最寄りのPA目指して連絡を待つことにする。




が、18リットル入るはずのワタシのSRがPA1㎞手前でまさかのガス欠。
えええぇぇぇ!!!!八王子で入れたよ!?
コックは!?え!?行きのまんまでリザーブだよ!?どゆこと!?
止まった車体を路側に寄せてタンク内確認。



驚愕。
底の方に1リットル弱しか残ってない。。。。。


意味が理解らんがガスが無いのは事実。
PAまであと残り1㎞。
行けるだけ行く、か。
車体をコック口の左に思い切り倒してガスをキャブに送り再始動。
掛かったのでリーンアウトで車体を左にがっつり傾けながら
路側帯をPAまで目指す。
白バイ隊がよくパフォーマンスでやってるアレです(苦笑)


どうにかこうにかPAには到着。
こんちゃんにTel。
「すんません、振動でメーターステー折れて地面引きずってまいまして」
で、どうにかしてPAで合流出来た。
高速道路上で時速100㎞でメーター相手に犬の散歩プレイをしたらしい。
ガラス割れてベゼルひん曲げてる。
何が何だか理解らない。。。。



「まぁタイラップで仮固定出来てますし行きましょうか♪」
「いや、こんちゃん。すまないんだけどガソリンわけてくれる?」
「?」


こんちゃんのエンフィのトラブル対応でわんさと積載してきた工具で
こんちゃんのタンクを外して我がSRにガスを分け与える。。。。。


「行きに入れたのに何でこんな減ってるんすかね?」
「俺にも理解んねぇんだわ、それが。。。。。」


これで二人とも次のSA(ガススタあるサービスエリア)までの走行が不可能になった(苦笑)
もう最寄りで降りてGS寄るしかない。
二人とも15㎞前後までは持ちそうなんだが、最寄りってどれくらいだろう。。。。


そのPAから最寄り、岡崎までたった2㎞でした♪
二人で感極まり一旦高速降りなきゃならない事実置いといてウイニングランw


行きの道中ハプニングはこんな感じ。
この燃料底ついたアクシデントの真相は家帰って今日判明した。


八王子でGS寄ったのにあそこでガス入れてないんですよ、ワタシ(笑)
店員もキャップが外れてたのに対応してくれてたそのせいで
ガスを入れるという肝心の行為忘れてたんですよwww
帰って来て八王子のGSの領収書、無いもん。
そりゃあガス欠にはなりますわな~~~orz



でまぁ名古屋到着。
凄い大盛況で入場待ちで1時間!!

「いやぁ~、こんな大きなイベントに成長したの!?JOINTS」

と思ってたら入場時に手首に巻くリストバンドを施すのに手間が掛かり
これだけ大混雑していたという結末。
会場入ったら意外と空いておりました(苦笑)

さすがはファラオスのホームグラウンド。
Bomb系ローライダーがビシッと勢揃いでゴザイマス。

しかもチーム設立30周年らしく、気合も入っておりました。

これだけハードにチョップしてるのに
純正然としたパーツのチョイスでドレスアップするのがBomb。
うん、大人の風格ですなぁ。

ロッダーですが何!?この子の目♪

ここまでハイダラーでつぎ込んでおいてこのフィニッシュ。
キッチュで可愛い。ワタシはむしろ好き(笑)

錆ペイントはリアルに振るかこういう風にギャグに振るか。
基本ラスティなので艶消しがフィニッシュの常なのですが、
他にいたもう1台。サビサビなのにヌルヌルの艶あり鏡面フィニッシュがいた。
名古屋のセンス、あなどれない。
その車体の写真は撮り忘れた。


ぐっさんトコの山口輪業のブース、発見。
良い感じで小洒落てまとまってた♪


そしてすぐ隣にエキセントリックモーターサイクルブース、発見。
おぉ、HONDAも綺麗にまとまってる♪
さりげなくこの車体もソフテイルなんだよね。

で、今回一番手が掛かったタンクのこの車体。

ペイントに見えないニュアンスのペイント(笑)
ネック伸ばしてるのにロングのアルミタンクを前にフィットしてるので
パッと見てそうは見えない不思議な整合感。
オーナーが跨った時に見えるその光景は完全にカフェレーサー。
それでいてカフェレーサーと比べたら激しく後退しているEg。
チョッパーでよく見られる張り出しの強いエキパイも
この不思議なバランスでスイフトバックしたエキパイにも見える。
それでいてソフテイル。でも地上高稼いでるから結構走れそう。
でもってシートカウルの造りはドラッグレーサー。
本当に面白い造形だと思う。

良いまとまりのお手伝いが出来て良かったです♪



さて、寒がりなので日のあるウチに東京に向かいたいワタシ。
「こんちゃん、帰るよ~」
「Muneさん俺、名古屋来たからには巨大エビフライぜってー食いたいっす!!」


名古屋の皆様、エビ好きの皆様、どうかお許しください。
過去に何かの番組の企画で観たものですが、
エビが好きか、これを東大生100人と暴走族100人にアンケートしたものがあり、
東大生は30人くらいが「好き」と答え70人くらいは「そんなでも」と回答。
暴走族は98人が「好き」と答えておりました。


明日の天気予報が雨間違いなしなのにえびふりゃーが食いたい。
よってこんちゃんはバカなのでここで自由行動としますwww
人生の選択肢は違えど、
互いに無事に多摩地区に戻ろうぞ。
武運を祈るw



で、ワタシは単機で帰路へ。
第2東名は走りやすいけどSRじゃそんな出しても苦痛なだけだし
単調で眠くなるのも嫌だし、で普通の東名で帰宅。
浜名湖で休憩してたらケンタからTel。

「あのW、ベストドメスティックアワード獲得しました♪」
うおぉ、それは凄い!!!おめでとう♪
これでワタシ、今現在までにJOINTSで関わらせて戴いた車体のアワード獲得率、
何と100%です(笑)
関わらせて戴いた車体の数こそ少ないもののこれで100%。
いや、ワタシは単にペイントで関わっただけですからビルダーが凄いんですからね(笑)
まぁ嬉しい報告だったのでここでうなぎ食って一人自分も褒めてあげる事にしますw


で、ひたすら東京を目指す。
道中トラブルなのか路肩に停止しているチョッパーがちらほら。
同じショーを目指して帰還せんと志同じ盟友みたいなものなので
何だか撃墜された一式陸攻を横目で見ながら飛び続ける心境。
「せめてご無事で」と心の中でエールを送り向かい続けます。


だが、走行中に違和感を覚えます。
アクセルのオンオフの操作でEgから嫌な振動を感じます。
ビッグピストンの単気筒が上下だけでなく、何か左右にも振ってる感じ。
何か部品の脱落でそう感じるのか?
前方に注意しながら車体を走行しながら確認しますが
脱落した部品は見当たらない。
車線変更の際に風に打たれるヘルメットのシールドのビビり音も疑いましたが
まぁそれでもない。
疲れてきてるから勘違いかいの?とも思いましたが
単車に乗ってる間は迂闊に気を抜くと死を招くというのを
もうかれこれ25年以上経験してますから、
この五感で感じる違和感は信じるに値するものだと判断します。
あとは経験値です。この変な振動はドカのビッグエンドやっちゃった時に経験してます。
まさかSR、お前もなのか!?お前もビッグエンドがBIGにENDなのか!?


足柄SAまで到着。
少し慎重に減速してここまで来たので夜も更けてまいました。
でもワタシ、超寒がりで春なのにモコモコに着込んできたので
そこは万全。
ちっとも寒くはありません。
北九州までノンストップで走り続ける時なんかは
真夏でも真冬に近い装備で行きます。
18時間ずっと風に当たっているのは予想以上に体力を消耗します。
これもまた経験値が生かせる術ではありますね。



さて、疲れと集中力切れそうで弱ってはいますが
自分の感じた違和感を信じて車体の総チェックです。
そして見つけました。
というか信じられん光景が目の前にありやした。。。
Egマウントのボルト、この頭が折れて飛んでます。


こ、こんなの見た事ねぇよ。。。。
確かに18年で13万㎞乗ったけどさ、
メーカー純正のこの鋼鉄製のパーツの骨折なんざ訊いた事、無い。
こんちゃんエンフィ&自分のプチトラブル対応にと
こんだけの結構な工具とネジナット類積んではきたが、
Egマウントボルト積んで走ってるヤツなんざこの世にいねぇよ。
くそぅ、俺もここまでか。。。。。

調べたら足柄から隣の鮎川PAまでは僅かな距離。
一か八かワイヤリングでボルトが飛び出すのを防いでみる事にする。
この距離ならちょっと走行して確認も出来そうだし。

自分でも理解ってる。
こんなワイヤーごときで固定できるのであれば鋼鉄製のボルトなんざ使わんって事(苦笑)
隣のSA・PAまで距離があったのなら潔く諦めた。
いつからボルトの頭が飛んでたのかは不明だが、
浜松超えて日本平過ぎた辺りから嫌な振動に気付いたから、そこか。
それにしても18年間ほぼ大きなトラブルもなく今まで来たお前が何故ここで。。。
あれか!!
10年一緒に店の中で過ごす仲になってドカの話すイタリア語理解るようになっちゃったのか!?
「アイツ、スコシコマラセタホウガ、カネ ツギコンデ アイシテ クレルヨ♥」
あのBitchの悪魔の囁きを、大和撫子のお前も聞き入れてしまったのか(苦笑)

夜も更けて交通量も減った。
鮎沢での確認次第で断念するか否か決めよう。
こんな有り得ない事態、ワタシが乗ってる時に起きて良かった、と思う事にしよう。
経験値の少ない息子、大樹の所有になってからこれが起きたのでは
もしかしたら取り返しの付かない事態になっていたかもしれないんだし。
そう、ワタシの元でこれが起きた事をむしろ感謝するとしよう。

そして鮎沢まで走ってみて確認。
ワイヤー全部弾け飛んでましたw
嗚呼、遠きかな遥かなり多摩地区   orz・・・・・



ここで先程足柄で電話したぐっさんから着信。
「ぐっさん、今どこ?」
「俺達今御殿場過ぎたところですけど?何かあったんすか?」

ぐっさん、今回あの250TRともう1台、SR出展してました。
ああぁ、これぞ神のお助け(号泣)

Egマウントボルトなんざ携帯して走ってるヤツなんざいねぇよ。
いたとしたらそれはパリダカのサポートカー連れて走ってるレーサー達だけだよ。

そうです、ワタシにはもっとも有難き
サポートカーがいたのであります。
ショーカーのSRからボルトを移植してくれるぐっさん。
ホント、ホントありがたう!!!!
うわあぁぁぁぁあん(泣)

「Muneさん、ネタに困らない何かを絶対持ってますよねwww」
遠山さん、もういくらでも笑って戴いて結構です。。。。


あーもー、折角なのでボルトも心も折れたワタシでも撮ってください。


あ、2009年。キルスイッチを触っちゃってEgスタート出来なくて
コイルいかれたと勘違いしてレッカーで運ばれていった
KILL野郎と呼ばれる伝説の始まりになったこんちゃんの構図、思い出した(笑)


あぁそうさ、俺達はネタには困らない魚肉クルー。
こんな時にこの状況を「美味しい♪」と思わないでどうするんだ(笑)
やってやる、やってやるさワタシだって。
今頃えびふりゃー食って寂しく走ってるだろうこんちゃんへのエールも含め
やってやるよ。
KILL2号。


折れたボルトはワタシが骨折した時に入れてたチタンの棒と共にお供えします。


こんなに綺麗にぱっくしと逝くもんなのか。。。
まぁこんな有り得ない偶然がカオス状態でしたが
昨日深夜ほぼ日付変わる前あたりで無事に戻りました。
無駄にハードだった往復700㎞のまぁまぁロングなツーリング。
終わってみれば愉しゅうございました。

乗らなければ間違いなく命のリスクが減るのもモーターサイクル。
それは間違いないでしょうね。
そこに山があるから登るんだ、という登山家の気持ちに近いものがあります。
五感を研ぎ澄ませて乗るからこそ出来る無事の帰還。
この五感が鈍った者は事故か肝冷やす経験をする事になるでしょう。
全身全霊で乗るので非常に疲れます。
でもその分、逆説的ですが操作しきった悦びと生きている満足感があります。
今回のこの回顧録読んで乗りたくなる人なんざいないとは思いますが(苦笑)
走る・止まるに加えて車では絶対にない「転ぶ」が加わる不安定極まりない乗り物。
でもだからこそ得るものも大きい変な乗り物(笑)
でも一番大事なのはそんな不安定極まりないもの乗って出かけるのを
無事を祈って見送ってくれる家族や周りの人がいることに感謝しなければですね。
だから何があっても絶対無事に戻らなくてはならないのです。



さて、えびふりゃー食いたくて名古屋居残り決心したこんちゃん。
ワタシと別れてすぐヘッドライトのバルブが切れますw
でもHiとLoの配線組み替えてライト向き下げて出撃したようです。
おぉ、出来る子になっとる、こんちゃん(笑)
この時点で気付きましたが
こんちゃんのエンフィサポートで出た名目もあったワタシ。
別行動というとんでもない出たトコプランで散開した二人をお許しください、あきちゃん。
どうか次会った時も普通に会話してください。
あきちゃんの敬語は怖くてイヤですw


そして暴走族の100人中98人が好きと回答したエビを堪能したこんちゃん。
良かったね♪
でもその後の東名で組み替えたバルブも切れて真っ暗になって緊急降下。
どうやら浜松で一泊したようです(笑)
しかもどうせならと浜松で美味いラーメン屋を検索して食いに行って
帰りにクラブ帰りの外人にからかわれて逃げ回り宿泊したホテルを見失い、
宿探しに1時間半かかったようです。
ザンネン(Human Error)をこちらも地で突き進んでおります。。。。


でまぁ、翌日は当たり前に予報通りに雨。
雨具持ってないこんちゃんはガタガタ震えながら東名をひた走ります


そして先程、本日夕方無事に家に戻ったようですw
以上、こんちゃんのFBまとめですが、
「それでも単車サイコー♪」だそうです。
絶対そうは思えない今回の2機の走行報告でございましたwww



で、おわり。
ご一読、本当にありがたう御座いましたw

0 件のコメント:

コメントを投稿