2011年3月28日月曜日

それぞれの「仁義」でいい。
















あちこちで様々な形で支援が続いていますね。
ここ立川ではたまたま公的な病院という大きな機関が
支援物資運びという形が出来ていたので
ワタシやオサム氏はそれに乗るという形をとりました。
他の地域や団体で同じく支援活動されている方々を
ちょっと紹介させて戴きます。
ウチらと同じく物資という形での支援や
義援金という形、または他の形とそれぞれですが、
その中で気持ちに触れたものに賛同という形でいいと思います。

先ずはいつも川越のVMXでお世話になっている
医療レスキューチームの「ピース・フル」さん。
勿論医療のスペシャリスト集団です。
母体である「ユニバーサル・レスキュー・ジャパン」で
現在現地に入り医療支援活動をされています。
モーターサイクルの特性を活かし
道路整備のままならない地域に物資の提供等を行っているようです。
こちらではサポート体制の継続を図る為に
現在義援金のお願いを発表されております。


次に横浜にてアパレルを展開している
EVILACTさん。
たまたまネットで拝見したところ、
こちらは直接物資の運搬で現地に支援をされているようです。
こちらの形は立川のアクションと同じですね。
板橋の方のSHOPがこの支援活動の拠点らしいので
横浜・板橋界隈の方、Blogでご確認して戴けたらと思います。


最後に西東京のBUNNYBEACHさんが
支援Tシャツを販売されるそうです。
売り上げは全額義援金になるとの事。





色々な支援の方法が立ち上がっております。
その中で賛同出来る形に支援で充分だと思います。






「今はそれぞれ専門分野に任せればいいんだ」
「持ち寄りの品でも助けになるならば」
「義援金より被災した今はまだ物資の方が助かるだろうから」
「義援金は今だけではなくて継続しなきゃ本当の支援にならない」
「被災した地域に直接物資届けて自分としても良かったと思ってる」
「被災者救済というより自分探しの旅して自己満足なんじゃないの?」
「義援金は出したいけどTシャツにまでして着なくてもいいんじゃ」
「積極的に支援活動してる輩って、要は売名だろ?」
「売名だろうが何だろうが動いた事実で助かるものがあればそれでいいんだ」
「被災してない地域がどんどん経済回さないとダメだ」
「ごめん、今は自分の生活守るので精一杯だ」









どれも正しいと思うし、或いは正しくないかもしれません。
多分、ね。
多分そういう是非はこれから先の時間が解決するんだと思います。
皆が真剣に考えて出した結果なら
それは全てが正解で不正解なんでしょう。
だから人間って不完全なんだと思うし。
あ、何だか偉そうなコト言ってスミマセン。
でもやっぱ各々の今の「判断」の是非は今問うべきではなく、
それは先の未来・時間の経過が評価として自ずとやってくると思うので
今はそれぞれの「仁義」を通せばいいんだと思います。




ワタシとオサム氏のアクションについては
運送方法が公的な搬送で行われるという点、
義援金は確かに今後有効だが
(今後は普通に考えて順次義援金が効力を増していくと思います)、
現時点では本当に物資不足は事実である緊急を要する事態だと判断し、
今出来る支援でこの物資支援のサポートに回った事、
そんな点から
「一応立川で店構えてるし或る程度閲覧もあるネットも持ってるし」で
物資の支援を呼びかけてみようと動いたのが
立川の我々の「仁義」だった次第です。
もう暫く物資支援も必要だと思いますが、
その後はワタシも義援金サポートにまわりたいと思っています。
もう暫く需要のありそうな物資支援は
お願いが病院からあり次第また皆さんにも呼びかけさせて戴きますので
宜しければまたお願いしますです。






間違いなく言えるのは
義援金や支援の乱立に対処出来なくなって
出来る許容範囲を超えてまで切迫して支援しない事。
支援し過ぎ難民にだけはならぬように、ね。
被災していない地域で破産は絶対避けたいものですね。




本日のあいつのための一曲。
おいおい、俺だってこういうのだって聴くんだぜ。
いつもいつも「ヴヌゥオオォォォーー!!!!」とか
「アキャァァァアアアーーー!!!」みたいな
デス声とか金切り声サウンドばかりでも、ないんだぜ(笑)
今日は明るくHAPPYでメロウな感じで♪
な、なんだお前のその疑うような目は。
ファッキンw

同じくMIKA。
時計仕掛けのオレンジと80年代のBANDディーヴォの世界観が
混ざっちゃったみたいで愉しい♪

0 件のコメント:

コメントを投稿