2010年7月23日金曜日

どうにかこうにか完成。

しました。
結局、最後の最後はワタシには時間が無く、
残りを餅は餅屋、TR COMPANYの後藤メカに託しましたです。
理解ってはいましたが、出来上がってみれば
ベース車輌にカブを選んだ理由は皆無です(笑)
まぁそれが狙いだったので成功と言えば成功です。
















いやぁ、ラストはもうワタシの通常業務との兼ね合い、
いや、やはりワタシもどんなに頑張っても
皆さんと同じく一日24時間しか無い事実、
これ以上ワタシが根詰めても絶対ムリ、で
後藤さんにすがりつきましたです。
ってか、ならばもっと早く来いよボケ、ですね。
ホントにすみません後藤さんごめんね。。。。















マフラーが随分なトコから出ております。
中で直結だと思われている方が多いようです。
いいえ、本当のガソリンタンクを上ぶった切って
それを丸々マフラーにしております。
形が多少歪なのは収納するのに知恵の輪状態なので
メンドくさくなってあちこちハンマーで叩きまくったからです(笑)
















一応こー見えて中に何個か間仕切りあるので
サウンドはあくまでジェントルです。
エキパイは熱っちっちなのでバンド巻いてます。
何だかオーガニックにすら見えます。

















あれ?
もうタンクとして使用していないのに
何故だかキャップが存在します。
どうして?















いいえ、キャップではありません。
新たなガソリンタンクの固定用の巨大なボルトです(笑)
我々はこれを「クイック・リリース・システム」と呼んでいます。
これであっちゅう間にタンクが降ります。
あっちゅう間にタンクを降ろさなければならない理由は
多分10年に一回はあるはずです。
いや、あります。あるように仕向けます。
その為のシステムです。



















因みに元タンクの燃料計は残してあります。
残量も目一杯です。
いつまでもつつましく化石燃料で遊べますように、
というまことしやかな願いが込められております。
















シートはお馴染みのラズダズのRyozzy氏にお願い。
こちらは本来何用なのかすら不明なシートです。
エルシノア同様、あくまで純正然で。
英国車のカニ目やジャギュアみたいな濃い目のグリーンで。
気品とエレガントさを目指したのですが、そこはやはりカブ。
ホンダ技研狭山工場の方々の帽子みたいにしか見えません。
MOTORCYCLE CLASSICSの宮崎氏に指摘されてまいました。
しかも全く仰せの通りでございます。
もうワタシにさえ英国の気品より狭山色にしか見えなくなってます(笑)

因みにHONDA車は同じ色でも西と東でトーンが若干違うコトがあり、
我々プロはこれを「狭山色」「鈴鹿色」と識別してます。
これ、ホントね。



















今回、ロゴやゼッケンは
ワタシが右手指を火傷しちゃった為まともに筆が持てず、
仕方無いのでわざと下手ウマで描いています。
しかしこれが意外にも高評価です。
「可愛い♪」
「刺々しくなくていいね~」
「え?これ狙ったんでしょ?」
これから先の仕事が全てこれでいいのであれば、
ワタシの仕事はどんなにか楽になるのでしょう(笑)
魚肉スピードのクセに魚の骨じゃん。
ってか、これ丸々「FISHBONE」ぢゃん。
いいのよ、これで。
だってさ、魚肉は食っちゃったのw

















実はウチのマシン製作に色々と提供してくれたり
携わってくれたりしてくれた別モの神山氏。
PC16・20とキャブくれたり、パワフィルくれたり
左右のスイッチ&レバーをくれたのも神山氏。
嬉しかったよ、ホントにありがとう。

でも、ね。
結果から言うと中古キャブ全部不具合アリ。
レバーは前回のBlogでも申した通りこのカブにはムリ。
パワフィルも吸気抵抗あり過ぎて使用不可。
ってかこれ、全然吸わない(笑)
勿論、本人は全くもって悪気はないw
それどころかお世話になってばかりで・・・・
ん?アイツ、呑んでばかりだった、か!?

断腸の想いでこの際決別しよう(笑)
ここは多摩地区の巨匠の言葉を借りて決別しよう。
(ちょくちょくHP覗かせて戴いております~)

神山よ、その気持ち有難く受けようぞ。
んが、しかし結局使えなかったこれらの行く末は・・・
















しるかっ!!
(byコーヘーマシンw)


明日魚肉のメンバーとシェイクダウンしてきます。


本番はこのカブの出番、真夏の4時間耐久レースが24日(土)、
エルシノアとなかじのTY175、別モ神山のクジラ450のスプリントが25(日)。
場所は埼玉・川越の「モトクロス・ヴィレッジ」です。
(16号川越周辺「大袋新田」交差点を入間川方面に曲がり、道なり1km以上、
入間川渡る橋手前右手にヤマザキデイリーストアあるのでそこを右折、
またまた道なり今度は500mくらい、土手側に「モトクロス・ヴィレッジ」
看板あります。その土手を降りていってガタガタ道走ってくとコースあります)




勿論、日陰もロクにないので暑いです。いや、熱いです。
でも応援来てくれるとメンバー調子乗ります(笑)
やはり最後はどんなに満身創痍になってでも
これで皆で完走したいです。

猛暑の夏のひととき。
お時間ある方、汗だく覚悟で是非遊びに来てくださいまし。
是非ともこのカブの完走を見届けてくださいまし。

4 件のコメント:

  1. 走る実験室(←ある意味w)
    ステキな「狭山茶カラー」じゃないですか♪

    化石燃料燃やして目指せ完全燃焼!!

    んー、抹茶アイス食べたくなってきた(笑)

    返信削除
  2. kztk殿
    んー、24日当日川越の入間川の河川敷で
    汗だくになりながら抹茶アイス食べると
    何かいい事あるみたいですよw

    返信削除
  3. 御触りエリカ2010年7月23日 17:55

    24、25と顔は出せませんが心のドコカで(オイw)応援しておいます!
    転倒禁止でがんばってくださいね!

    それにしても文句なしにカワイカッコイイ仕上がりですね・・!

    後ろの90にちゃっかりロングタンクとシートがのっかってるのが気になりますw

    返信削除
  4. 御触りエリカ殿
    やはりオンロードの方に目が行きますですか(笑)
    90の方は群馬の悪魔2人をじきに頼って
    エロカッコいいレーサー、造りますよw

    先ずは明日、愉しんできます~♪

    返信削除