2009年11月25日水曜日

夏休暇、戴きました。

というワケで、ここ立川にお店を構えて以来の
前人未到の6連休を戴き、
沖縄に帰っていましたが、再び復帰でございます。
あまりに或る意味ゼータクなスローライフを送ったせいか
暫く完全復帰まではリハビリが必要かもしれませぬ。


皆さん「沖縄」っちゅうと「いいなー」と必ず言うので
敢えてここは地元の人間はあまりイメージ通りの沖縄ではないのだよ、
と理解ってもらえるような
どーでもいい写真だけ羅列してみるコトにしますw



沖縄の中心、コザ十字路の銀天街。
撮影時間は12:00近く。
これこそが沖縄の現状なのだよ。
どこも開いとらん。
それどころか全部永遠に閉まったまま(苦笑)
空港からアクセス近い那覇と58号線(旧1号線)沿い以外は
大体どこもかしこもこんなものです。

「憧れの沖縄で商売して暮らしたい!!」
地元のうちなんがこれなのですから
きっちり確固たる信念を持って沖縄ライフを決意された方が
無難かと思われます。。。。









実家のすぐ裏道。
沖縄は家々の隙間の至る所にこうした石垣の裏道がありますが
こういう風景こそが沖縄っぽいと思うのはワタシだけでしょうか?
そんなザンネンなワタシに育てられた息子は
同じくこれが沖縄だ、というザンネンな人間になっていくのですw
もっとシー・サイドとかそれっぽい処は幾らでもあります。
情景に「想い」が無ければ只の裏道、なのです。
それは沖縄に限らず、全てがそうなのでしょうね。
アラフォーが近づいて
少々センチメンタルになっているのでしょうかね。
こんな情景が凄くココロに沁みます。








コザにあるメキシカンレストラン「リマレストラン」。
ほら、リマはペルーの首都だっちゅうのに
メキシカンとはザンネン以外の何者でもない(笑)
しかももう50年続く老舗。
遠い外国の雰囲気さえ伝われば
細かいディテールなんぞどーでもいいのだw
「Aサイン」という看板が誇らしげだが
店内はピンサロか!?っちゅうくらい暗い。
それこそが伝統の「うちなん」なのだ。

因みにうちなんはこの50年の歴史と同じく
タコスやブリトーやエンチェラーダやファフィータと親しんできたのだ。
「タコライス」を那覇で食ってる場合ではない。
あれはパーフェクトに「観光用」だ。
発祥は基地の表玄関の「コザ」か
同じく表玄関の「金武」のどちらかだ。
58号線のお店で満足してるようでは
沖縄通、とは言えんのだよ。
そもそもエイサーもタコスやーもうちなんROCKも
発祥はだいたい「コザ」なんだよ~♪
「コザんちゅ」は大体「那覇んちゅ」にライバル意識剥きだしだけど
逆は殆ど相手にもされてないんだよ~(笑)
今があまりにもダメダメだから敢えて強くアピールさせてもらうよ~♪
ホントにそーでもしないとコザは近いウチに死んでしまうよ~(泣)



最後にここのウェイトレスの制服が地味だけど可愛い。
これはカミさんも同意見。
もう絶滅危惧種な「Aサイン」。
これからもずっと薄暗くて雰囲気の或るレストランでありますように。
もうお願いだからパークアベニューの
「ニューヨーク・レストラン」みたいに消えていくのだけは
本当にカンベンしてください。。。。





コザ十字路の「丸長食堂」。
意味も無く24時間営業。
勝手にライバルはデニーズ状態(笑)
この看板の薄れた文字の「サンドイッチシャープ」。
別にサンドイッチが鋭角のキレの或るデザインという意味ではない。
敗戦直後の日本では「ショップ(SHOP)」が聞き取れず
これが「シャープ」になっちゃっただけだ。
完全にザンネンな勘違いだがこれが平成の今でもまかり通る。
何故なら外人はカタカナなんぞハナっから読めないからだ(笑)
この画像、曇天での撮影。
実は現在の看板は新しくなっちゃってた。
仕方ないのでこんな辺鄙なコザ好きという
ちょっと可愛そうなサイトから画像を拝借した(笑)
でも看板が変わるっちゅうコトは
この小さなデニーズは現在進行形、なのだな。
ちょっと頼もしさも感じなくもないw





珍しくちょいリゾート風景。
恩名村の老舗、ムーンビーチホテル。
当時はそれはそれは豪華なホテルだったのだろう。
当時はそれはそれはキレイなビーチだったのだろう。
でも今ではもっと近代的なホテルはゴマンとある。
今ではここよりキレイなビーチはゴマンとある。
でも、この60年代終わりに造られた建築に絡まる
「生き物」が醸しだすこの風景は老舗にしか出せまい。
ミッドセンチュリー好きは是非ともここに宿泊して頂きたい。
このコンクリ打ちっぱなしと年季の入ったツタの絡まり様。
最高のスローライフではあるまいかw
菊竹大先生の「パシフィック・ホテル」もここ沖縄ならば
こうして調和して生き残れていたのかもしれないな。
でもあの様式では台風でイチコロ、か。。。













美ら海水族館から程近いレストラン。
忘れ去られたように佇むジュークボックス。
キレイな水族館併設のレストランもいいだろう。
しかし、一歩離れればこうした
忘れ去られた風景が沖縄にはゴロゴロしている。
そういえば昔嘉手納にAサインレストランがあって、
やっぱりジュークボックスが置いてあって、
でもどーいうワケだかプラハム・コルムの「蒼い影」と
ビートルズの「ミスター・ムーンライト」しか選曲出来なくて、
そればっか流れてる店があった。
月繋がりか?で
キング・クリムゾンの「ムーン・チャイルド」とか
オジー・オズボーンの「バーク・アット・ザ・ムーン」とか
フランク・シナトラの「フライ・ミー・トゥー・ザ・ムーン」
すら探したけど無かったです。

ここ本部のジュークは残念ながらもう鳴りません。
昔は非番の米兵とその家族、或いは恋人同士とかが
コインを入れてフェイバリット・ナンバーをセレクトして
プチプチ音混ざりのEP盤の
モノラル・サウンドを愉しんでいたのでしょう。。。。





ウチの実家から歩いてものの5分の街。
通称「吉原」。
要するに赤線ですわ。
パンパンの街、です。
この表現すら平成では絶滅危惧種ですよねw
夜になると路全体がピンク色の明かりで満たされて
さながら「オトナの千と千尋の神隠し」です。
相場15分¥5,000、30分¥10,000で
おっさん達が個室で「神隠し」に合うワケですなw


いかにもおばちゃんしか立っていなさそうですが
実は「旅の恥はかき捨て」なんでしょうか、
「ないちゃー(内地)」の大学生とか若い娘が
「遠くて親にバレないっしょ」
でいっぱい売っております。
昼なら全部閉まってて撮影出来るだろ?で行ったら
昼からまあ結構立っていらしてちょっと面食らって
タバコ一服ついでに一人の「立ちんぼ」のお嬢から教えてもらいやした。
当たり前ですが大っぴらにカメラでパシャパシャやってると
お嬢達が怒りますし、
怖い人が出てきて大変な事になります。。。


バイト含め賃金相場が最も低い沖縄では
これが最も効率よく稼げる「お小遣い」なのだそうです。
でもこんな街も昨今は不景気らしいです。
クーラーのある裏のベッドの上で
オトコに好きなように○○されている時間よりも
日差しで焼かれる表の立ちんぼの
「陳列棚」にいる時間の方が長い、
とタバコあげたらお話付き合ってくれました。
でもGITANESだったのでお嬢は咽てましたw
嘉手納基地表玄関の隣街が
主に米兵の「神隠し」をなさっておるのですが、
ここ「吉原」もどうやら一部米兵相手の「神隠し」を
夜な夜な行っているようです。
この「文化」も忌み嫌われども
人類の歴史においてずっと付いて廻るモノではあります。。。。





どーですか?
全く参考にすらならない沖縄ガイドw
最後に言わせてください。
それでもワタシは馴染んだ「コザ」が好きなんです。
この文章は全部ワタシなりに褒めてます(笑)
本当に沖縄観光で中部コザに興味ある方、
ワタシでよろしければ全力でインフォしますです。。。。

6 件のコメント:

  1. 七面鳥と鶏2009年11月25日 6:03

    ペイントシャープのMUNEさま

    うおお!
    すんげーツボです。
    裏道!
    リマレストラン(笑)!
    吉原!!(ちなみに九州では当該施設は“旅館”つってました)
    MUNEさんのパーソナリティーはこういった風景に育まれたのですなぁ。
    “閉店街”は昨今どの地方に行っても共通して見られる風景ですが、
    寒い地方のようなそこはかとない悲壮感がないのがせめてもの救い?
    まあ、実情は何も変わらんでしょうが……

    無事社会復帰を果たしたあかつきには、
    また残波でも1パイどうですか(蒸留酒は不得意ですが)
    そんな私は沖縄未経験……
    ランチは近所の沖縄料理店でタコライス食べよ。

    返信削除
  2. 雑誌編集シャープのK山様

    これ引っ掛かりますか!!
    お会いした時からヤヴァい雰囲気が漂う氏だとは思っていましたが
    これ、引っ掛かりますかw

    南部に行って戦中の激しさを心に刻んで日差しに体を刻まれる。
    中部に行って戦後復帰前の泡沫の夢の街コザで栄枯盛衰を知る。
    でも深夜はホントに米兵がウロついてて危ないので
    プチお台場状態の海辺の北谷に移動して
    「おなご狩り」に精を出す。
    出来るなら「吉原」にお世話にならずに
    自力でおなごを確保する気合をみせていただきたい(笑)

    これがセレブとは相反する沖縄の愉しみ方、
    でございまするwww
    帰って来たばっかりなのにもう「骨汁」食べたい。。。
    また秋口にでも飲りますかね~♪
    BY:MUNE

    返信削除
  3. 七面鳥と鶏2009年11月25日 6:03

    塗装作業シャープMUNEさま

    おりょりょ。
    フツーは引っ掛からないものなんですか???
    わたくしが求めるのは、そこに住まう者たちの喜怒哀楽。
    栄えていようが寂れていようが、
    活気があろうが沈滞していようが、
    そこで生きねばならぬ人々の臓腑から絞り出されるような呻き声が聞こえる、
    そんな風景こそが心に響くのであります。
    いずれにせよ、セレブからはほど遠い人種ですから。
    リゾート地なんぞこれっぽっちも似合わないのであります。

    なお、個人的に吉原的営みは人類史上最古かつ最長の商業と思っておりますので、
    忌み嫌うことは祖先たちの積み重ねてきた歴史に対する冒涜と考えます。
    いや、お世話になるかどうかは別のハナシですが。
    無論、狩りによる自力調達の努力はいたしまする(笑)
    ではテキトーに時期をみてハイオク注入いたしましょう

    by:時々、艦砲射撃から逃げ惑う夢でうなされるK山

    返信削除
  4. お帰りなさい!ご無事で何よりです。

    裏沖縄観光みたいな日記(?)ありがとうございます!
    為になりましたw
    画面から昭和な香りが漂ってきます…


    しかしパンパン、赤線に立ちんぼとは(爆
    あまりの直球な表現に目眩が…潜入取材みたいな緊張感漂う写真です。
    そうそう最古の商売だった聞いたことありますよ。

    またお仕事頑張ってくださいねー

    返信削除
  5. 雑誌編集シャープK山様
    どちらかというとそーゆーメンドクサイのは抜きにして
    リゾート気分だけで充分な人の方が多いと思いますよ~

    ってか、艦砲射撃って。
    前世何かあったっすか!?(笑)
    BY:MUNE

    返信削除
  6. Ryo殿
    どもです~
    あぁ、Ryoさん絶対好きでしょうね、こうした風情感。
    人間臭さ、というか昔の「体温」が感じられる感覚、というか。。。

    また遊びにいらしてくださいませ♪
    BY:MUNE

    返信削除