2009年11月24日火曜日

んあー、おさまらねぇ。

ダメだ、どーしてもガマンならねぇ。
今日はただ「一人」の人間に対して書かせてください。
その他大勢の一日平均250人くらいの閲覧の皆様、
今日の怪電波をお許しくだされ。




モーターサイクルは趣味の対象だ。
それは確かに間違いない。
ましてやウチみたいな絡みの
モーターサイクル&フレンドシップなら余計に、だ。
それは他人にとやかく言われる筋合いのものではない。
それも確かに間違いない。
自ら手に入れたモーターサイクル、
凄いカスタムしようがオリジナルでいこうがそれも構わない。
それが「愛でる」対象となっているのさえ伝わってくるのであれば
表現方法は他人に問われる筋合いは、ない。



しかし、それがビンテージなら尚更単に所有するだけではなく、
「人間模様」も一緒に所有する意味合いが強い。
ただでさえ壊れるリスクも高く、
パーツの供給ももとない対象物。
整備やパーツの調達やアドバイスや情報といった
お世話になる方々とも繋がっていなければ難しい対象だ。

そのモーターサイクルとの接し方はその人次第で自由だ。
それは勿論変わらない。
でもその中で繋がった「人」への義理は忘れてはならないのだよ。



その「義理」を「束縛感」と履き違えるようでは筋違いだ。
それは束縛する為に生じたシステムでは断じてない。
「繋がりの大切さ」を自然な感覚で持てないようであれば
今後もビンテージモーターの所有は難しいと思う。

いや、現行でも同じだ。
少なからずともSHOPとのお付き合いだってある。
趣味の世界だからといって、
パーフェクトに自分勝手に自由にしていいワケではない。
これは世の中の何にだって当てはまるだろうよ。
だとしたら趣味云々以前の問題で先ずちゃんとした
「人付き合い」が出来ないと
今後もどんどん自ら居場所を無くすだけだ。





今日、一台のモーターサイクルを手放したというのを人伝えで聞いた。
どうしてそんな情報が入ってくるか、というと
皆が皆、こんな結果になった事を
少なからず自分達にも責任があったのか、
と真摯に受け止めているからだ。
電話先で当事者不在で
「何だかこんな結果になっちゃって、申し訳なかったね」
とお互いにお詫びし合う状況に今日は切なくなったよ。
手放す行為自体は勿論珍しい事ではない。
色々な事情がそれぞれにはあるから、ね。



ただ、今回の件は違うよ。
最初からありきたりな車体ではなかった事自体、
理解っていたよね?
その前所有者がどれだけの情熱でこの趣味の世界にいるのか、
知ってるよね?
その後の「義理」を「束縛」と感じるくらいならば
繋がりの希薄な某オークションとかで買えば良かったよね?
まさかこの「義理」すら
理解してなかったワケではないよね?
全然仕上がってない「それ」で無理してイベント出ようとした時、
ワタシや他のSHOPさんが本気で叱った理由、
理解してたよね?
アナタの身の心配と他の方々への迷惑を考えて本気で怒ったって事、
ちゃんと理解してくれてたんだよね?




それを手放すと同時に今までの「人」との繋がりも手放す結果になったんだ、
ってそれもちゃんと承知で手放したんだよね?




多摩地区はSHOPもお客さんも皆とても
「繋がり」があるのは充分理解しているだろう。
それは決して任侠のような厳しくはなくとも
「仁義」というものがあって
皆当たり前に最低限の「仁義」は守ってるからこそ
こうして他店の枠を超えてお客さん同士がフレンドリーなんだよ。
それを守れそうなお客さんだと信じているから
多摩地区のSHOPさんも行き来を解放的にしてくれているんだよ。




気難しく考えなくていい、
そう、最低限の「心掛け」さえあればいいだけの事なんだよ。
この最低限の「仁義」すら欠いた今、
自分で自由を捨てちゃったんだよ。

これが確信犯ならば
もうその「繋がり」自体をDELETEしちゃいたいんだろうから
もう何言ってもしょうがないんだろう。
でも万が一「天然」でこの一件やらかしたのだとしたら
物凄い代償を負わなければいけないよ。





まがりなりにもお客様に向かってどうなんだろうね、
この文章。
でも残念だったね。
ウチ、屋号に「STUPID」って入ってるから
フツーのSHOPさんならしないような事、やっちゃうんだよね。
ワタシはたとえそれが家族であろうが誰であろうが
斬るといえば何の躊躇も無く刀を下ろす性格なのですよ。
当たり前ですが何でもかんでも振りかざすワケではない。
決して893ではないが
「仁義」欠く者には全くの躊躇、しません。





ナリは怖くても優しくても、
カスタムの方向はそれぞれでも
年齢も職業も性別もみんなそれぞれでも
いいオトナが集まって愉しめる場所を目指して来ただけに
今夜はとても残念です。

4 件のコメント:

  1. なんだか話は読めませんが、
    「人間模様」は分かる気がします。
    これを他人が無責任に軽んじると本気で腹が立ちますね。
    つい先だっても個人的に腹の立つことがありました。


    ウチのはさほど古くないですが、
    古い乗り物に乗る事は、リレーのような感じで、
    バトンを受け取って次の乗り手に「上手に」バトンタッチする事かもな、とも思うのですが。。。
    いくら好きでも墓場には持っていけないですから。。。

    返信削除
  2. う~む、まったく。
    旧い乗り物って単純に考えたら現行車より長くこの世にいるわけですから
    時間に比例した人間模様を秘めてる乗り物が多いと思うんですよね。
    綺麗に大切にされてきたモノならなおさら。

    kztkさんのコメントはまさにドンズバで、今は自分の車かもしれないけど
    その次の人も大切にしてくれるように乗って行くのがこの手の乗り物たちの
    生かし方だと思うんですよね。そしたらどんどん良くなっていくわけじゃないですか。

    昨今のカスタム、ホッドロッドカルチャーでぶった切られてる車やバイク見ると
    切なくなりますしね。あ~あ、また1台死んじゃったって。
    切るなって言ってるんじゃなくて、やるなら 新たな息吹 を宿すくらい徹底的にやれと。

    ゆっくりでいいからじっくり付き合って行けばいいと思うんですよね。
    そしたら知識も増えるし仲間も増えるし、それに付随するいろんな教養も学べるかもしれない。
    下手な授業受けるよりずっとタメになるでしょう

    返信削除
  3. kztk殿
    いやはや、すみません。
    ウチの直接の車輌ではないんですけどね、この話。
    いや、だからこそアタマにきちゃったんです。
    色んな出会いから巡り合った車輌、
    それを全く責任も取れない結末で終わらせた事実に
    あまりに「人間関係」を軽薄に見てないか?で
    黙ってられなくなったんです。
    ウチの車輌の売買なら
    「あ、そーですか。魅力的に造れなかったワタシにも責任ありますわな」
    と、逆に自分に問い詰めてます。


    そうなんですよね。
    オリジナルのまま「バトンタッチ」にしろ、Ryozzy氏の「新たな息吹きを宿すくらい」にしろ
    少しは自分がOWNERであった時代の責任はどっかしらに感じていて欲しいものです。

    BY:MUNE

    返信削除
  4. Ryozzy殿
    今回はお互いに色々と振り回されてまいましたね。。。

    ゆっくりじっくり接して、ってのが出来ないのかね?
    どちらにせよ今回の顛末は
    遥かにワタシの想像を超えてきましたわ。
    意味理解らん。

    BY:MUNE

    返信削除