2012年8月26日日曜日

旅のお供の脳内BGM回顧録。

ワタシはイヤホンして音楽聴きながらとか
そんなバイクの乗り方はしません。
というか聴覚不利になるそれが怖くて出来ません。
が、やっぱ脳内では色々とBGMが流れているものでゴザイマス。
このツーリングで勝手気ままに頭の中で流れていた音楽。
余計なお世話ですがちょっと紹介をば。
というよりワタシは皆さんがどんなシチュエーションでどんなBGM流れてんのか、
結構興味ありますよ(笑)

実はそうは言っても娘・息子乗せて走った九州では
思い出しても何もBGM流れてなかったです。
無意識にでも後ろの「命」を預かってる身の立場を
どっかに置いていたからかもしれませぬ。

九州出て秋吉台走ってた最初はこれ。
多分精神的にも肉体的にも余裕あったんでしょ、な曲。
まだまだ耽美な雰囲気に浸ってますがな。
何余裕かましてんでしょうね、ワタシ(笑)


萩へと抜けて日本海が一面に広がった瞬間。
感極まると心だけはTEENに戻るものだw
もー頭の中はこの曲が爆音。Ah!!!!!


同じく流れ続けたこれ。
多分息子の大樹がヘビロテで聴いてるから無意識にチューンされてる。
親子2世代でアホみたいにパンクロック。
どうしようもねぇw


で、綺麗な海観てたら勝手にこれが流れてきたw
このOP知ってるのはもう40代以降でしょうね。。。。。
恥ずかしいが出てきてしまったものは仕方ない(苦笑)


軽快には走ってはいるがあくまで目くじら立てて飛ばしてるワケではないので
ワインディングではずっとこれ流れてました。
余程気分がよかったのでしょうw
オサムさん、これ最高だわ♪


何人かに「吉田君の唄って何ですか?」と
こっち帰ってきて言われたので。
ついでにヤマタノオロチの伝説もご一緒にどうぞ。
エンディングに流れてきます。
勿論出雲大社周辺ではBGMはずっと強制的にこれw


流石に疲労も集中力も限界に近くなった暗闇の中国道。
気持ちも脳内もストイックだったようです。
ひねるっぱななしのアクセルと共にずっとこれ。
でもワタシ、列車じゃねーじゃん。。。。


超疲れてたはずなのに
中国道から名神に入る大阪通過した際はずっとこれだった。
多分脳も相当疲れてたんだろう(笑)


ベリバに着いて平和に語らい呑んでいい気分のBGM。
そーとー気分良かったと思われる。
男4人でこのSweetはフツーねぇよ(笑)


遂に東京へと戻る最後の1日。
滋賀を離れる瞬間流れてた脳内BGM。
多分都会に帰るっちゅう無意識からチョイスしたっぽい。単純w
本家LIVEバージョンが一番カッチョいいのだが
曲行くまでのMCがやたら長いのでこっちでw


さーいよいよ体全体がエラい事になってきた。
こーなると実年齢否定するかのようにTeenの頃の曲がエンドレス。
でもちょっと遡り過ぎでね?w


もーだんだんヤバくなってきた。
BGMもどんどん遡っていく。
ひたすら情熱任せのコンガの音とそのダイレクトな歌詞に
必死に助けてもらおうという魂胆が見え見え(苦笑)



御殿場界隈。もうゴールが見えてきた頃。
少し気持ちをスローダウンさせようとしてたのか
とっても安直な直結タイトルのBGMが流れ出す。
しかしこの曲、正直心地よかったw


そして遂に東京へ。
もう脳もライブラリが大分終わってる模様。
最近仕事中にFMからよく流れてる曲が急に出てきた。
でもこの旋律、80’s世代にとっては卑怯極まりない曲だよなぁ。
確かにいい曲だ、うん。
でもワタシはもう若くはないです、スミマセンw


何か意識・無意識含めてこうして振り返ると面白いw
只のワタシの備忘録、でございました。
単に現在クリア入れやっててインターバル長くて眠いんでありますw
お付き合い戴き、ありがとうございました(苦笑)


0 件のコメント:

コメントを投稿