2011年8月27日土曜日

生きてます。


気が付けば10日以上放置しておりました。
「逃げたの?」
「どうかしちゃったの?」
「生きてる?」
ちゃんと生きてます、生きてます。
自分の怪電波は放置していましたが、
ここここではちょいちょい突っ込んでましたw
想像を遥かに超える忙しさと納品っぷりで
放置していただけです。
今までは最後の〆のクリア入れのインターバルで
(概ね30分おきに3コートなので毎日終了間際に1.5h程)
怪電波書いていたのですが、
ここ最近下地処理ばかりが延々と続く作業ばかりだったのと
あまりに睡眠時間が無くて
このインターバル毎にタイマー設置して細かく寝てみたりと
半ばクリア入れの最中は気絶していたので
こうして放置プレイとなっていたワケです(苦笑)
とはいえ全然元気にやっておりますw
遠方の方々、ご心配お掛けしました。。。



今週末のLOC出場車輌の補修ペイントや
9月あたまのイベント用のペイント等が重なって
勿論ウチはお盆休みもロクになく終わり、
HOTRODなすびときゅうりに乗ってあやつらもお帰りになり



















仕事漬けの毎日ではありますが
盆休み中は夜は日付変更線手前で切り上げて
こうして魚肉の面子と呑んでリラックスしてみたり




















世間の盆明けには地元の祭りに顔出してみたり
まぁ多忙の中でスタミナ温存しながらやってました。
そしたら急に涼しくなって
「これはスパートかけるチャンスだ」とばかりに
黙々と作業していたワケです。
あんだけ気温がダウンするとやはり肌調整とかがし易いので、ね。
それ位お盆中は暑かったなぁ。。。。







上半期続いていたメット祭り、
ここにきて一挙にフィニッシュです。
先ずはチキチキマシン片付けましょう。
このメットはこのまま限定カラーの売り物であったの?
ってくらいの仕上がり目指してましたので
普段アライとかショーエイのタグ付いてる箇所に
本来の猛レースのネーミング「WAKCY RACES」を入れましょう。
エアブラシと筆の混合です。




















で、ペネロペ嬢とケンケンに旗持たせて完成。
ペネロペ嬢はチェッカーフラッグを涼しげに。




















ケンケンは日章旗。
ちょいと大漁旗風に。




















オーナーのF様は30年以上サイパンにて
ダイビングスクールを経営されている方で
「最近は海外進出著しいので
サイパンにもチャイナ系の人多いんじゃないですか?」と訊くと
意外と海の向こうではこういうの、あんま非難されないそうです。
まーチャイナの方々も事或る毎に
あの真っ赤な国旗振りかざしてますからねw
お隣のかの国なんかやっぱ事或る毎に
ウチの日の丸燃やしていいキブンになってますから
こういう難燃性のマテリアルに落とし込むのは
燃やされない安心感ありますわな(笑)
海外在住経験の永い方からのお話は生の声なので
中々に面白いものです。



















W君のSIMPSONも完成。
こちらは黒のスキャロップにブラウンパール&キャンディという
非常にシブいペイントオーダー。
スキャロップが彼の乗るヨンフォアにかけて
4本スパゲッティ状に曲線描いてるんですが、
あまりにシブ過ぎて映りません。。。。
更にSIMPSONの造形際立たせる為に
エッジやダクト廻りを濃くキャンディ掛けたのですが
これもまたシブ過ぎて映りません。。。。
現物見ないと「おぉ」とならないメットですw
ってかコンデジではムリだな。




















K様のBSAタンク、
あまりにサイドの凹みがボッコリ逝ってたので底部を切開。
うだる暑さの中3時間近くドリーとハンマーで叩き続け
ここまで出た。
やっぱ中に手が入るとほぼ治るね♪
叩き出しは、どうしてその凹みが出来たのかを紐解いてあげて
応力の入ったであろう経緯の逆から入力していけば
結構キチンと出るものです。
この経緯無視して叩き出すと
大抵どっかに「しわ」が寄るのです。
まぁ実際凹む瞬間立ち会ったワケではないので
あくまで鈑金やる側の妄想浪漫飛行ですw



















RITMOの中嶋氏のトコ持って行って再溶接してもらいました。
中嶋さんあざっす。
もうアルミ溶接はアナタ生きてる限り持ち込むw





















その他にもTRIUMPHのT120のモデルCという 何ともレアな車輌のレストアをさせて戴いたり
トラはトラでも可愛いトラカブのレストアもあったり
BMWがわんさかいらっしゃったり MOTO GUZZIさんもいらっしゃったり
HARLEYさんもいらっしゃったり
何故か皆同じ燃料漏れ(穴)の修復で TRIUMPH・VINCENT・SDRさんがいらっしゃったり、と
引き続き9月もてんこ盛りのようです。







さて。
8月頭に怒涛の急展開で仕上げとなった
MOTO NAVI宮崎氏のBMW企画。
24日発売の雑誌にて日の目を見る事が出来ました。
表紙どっかのモデルかと思ってたら
よく観たらチュートリアルの徳井氏でしたw




















文中にて宮崎氏、
「今まではペイントって値段高いと思ってたが
実際作業関わると逆にこれは安いと理解った」と。
これ、職人にとって一番嬉しい文面です。
だってワタシはこの仕事で家族養ってるワケですから
対価に見合う、と納得戴いてもらうのは
これほどまでに達成感と満足感を得られるものはございません。
宮崎氏、ありがとうございました~♪


























そんな感じで一品一品、
キチンと向き合ってやっております。
そこに来てこれだけのオーダー、
ホントに嬉しい限りではございますが
一人きりもり故、
納期は事前にお伝えした日程よりちょいと押し気味です。
ホントすみません。
しっかりやらせて戴きますので
現在入庫中の方々も順番待ちの方々も
どうかごゆるりとお待ち戴けましたら幸いです。

0 件のコメント:

コメントを投稿