2013年2月28日木曜日

イモラの衣を纏いしビーエム。

年またいでやってたプロジェクトのS氏のBMW。
こちらも無事に納品です。
「ギッタギタのフレークに黒グラデ。そして子持ちライン」
というエキセントリックなS氏のオーダー。
始めはカスタムペイントというコトで
大粒フレークを全てぺったりと寝かせて吹いてみましたが、
「んー、何か足りないんだよなぁ」
となり、何だろうと一人考える。

あ、重厚感だな。
カスタムHDのようなミニマムなタンクとかだと
今風のぺったり寝た光輝感MAXなフレークは相性いいのだが
こういうオリジナルの大き目で造形の凝った形状だと
何というか「重さ」が失われちゃうんですな。
それに黒でFOGかけるから(霧状に細かいグラデ)
その下の「奥行き」も表現したいし。
で、急遽目を立てるフレーク吹付を追加。
DUCATI900SSイモラなんかでお馴染みの吹付け方です。
蔵王の樹氷みたくあっちゃこっちゃに目が向くので
立体感や陰影感抜群の「毒々しい」ギラツキになります。

ただね、これ、段差埋めが重労働。
ちょっと砥いだだけでは全然平滑にゃあなりませぬ。
更に砥いでて下のフレーク出たらOUTなので
物凄い量のクリアコートかまします。

ゲシゲシゲシゲシ平らになるよう慎重に砥いでいって
やっとこさっとこ平滑化。
これをRフェンダーとFフェンダーもやる。
チョッパーの外装のそれと違い
エッジがいっぱいあるのを平滑にするのは凄く厄介。
ゲップが出そうになる。

一度ここで念の為クリアコート。
ぉう、ぬるりと平面になっただよ。
しかし画像では一番上の画像との差が
あんま伝わらない。。。。

この時点では世界一下品なBMWの外装だ。
さて、んじゃいくわよん♪

うん、いい感じで「BMWらしさ」が戻ってきた。
フレーク特有の「奥行き」もちゃんと出てる。

画像の行程ではいきなり完成。
フレークを使用しててもちゃんとスラッシュしてる感、
ちゃんと出てると思いやす。

キャンディの所もちゃんとフレーク活きてるので
表現したかった重厚な奥行きも出た出た♪

フレークと訊くとチョッパー的イメージや暴走族っぽいイメージ、
そんなイメージ抱く人が殆どだと思うんですけど、
実はフレークは使いようによっては最も表情豊かな
気品のあるベースであるとも言えます。
ワタシはそういったフレークの使い方が好みです。

S氏の縁のある各スポンサーをレタリング。
S氏はこの車体でLOC出てレースしてますからね。
でもってこのペイントのコンセプト(オマージュ)が
ヤマガモータース」ですからね。
泣いた、ワタシゃ泣いたよSさんよ。
男だ、男だよSさんよ。
一応自分トコの屋号は一下には入れたけど
上3SHOPが正統派オサレ集団で
下3つがキワモノ集団みたいに観えて
ワタシゃちょっとイヤだったよw

今年はS氏はこのギンギラギンにさりげないBMWで出走です。
冷めた仕草で熱く観てやってください。

Sさん、あざっした♪
しかしVMXでは敵対チームのチェリーボーイズなので
川越では1コーナーで体当たりさせて戴きます。










別冊モーターサイクリスト観てお願いしに来ました」というT氏より
CB250RSZの外装一式ペイント依頼。
ありがとうございます。

リターンライダーだというT氏。
「昔はこの車体、バカにしてたんだけどね。
今改めて乗ってみたらいいバイクだな、って思えて、ね。」
というコトでキチンと綺麗にペイントしてあげようという事に。
年月が経るとまた違った感動やインプレッションがあったり
そういうのも含めて人生というのは愉しかったりするものです。
こうして若き日にはT氏にバカにされたCB250RSZも
ステキなお召替えをしてもらって
今後はT氏と共に愉しい日々を送る事になるのでしょう。
T氏、お気に召して戴き光栄でございます。
いつか組み上がった車体、見せてくださいまし。









46氏が若き頃愛車として乗っていたGUZZI。
タンク後ろや上面が大幅に加工カスタムされたこのタンク他外装も完成。

実は画像では上の黒と下の黒が後ろで繋がっているが、
最初ワタシは上下切り離して塗ってしまった。
しかも黒入れる時にわざわざRITMO電話して
「46さん、この黒って後ろ繋げるの?切り離すの?」と問い合わせして
「うん、実車(オリジナル)はそこ黒だから繋げて」
「あいよ」
と、訊いたにもかかわらず、
何故かセパレートしてしまったという
もうシンナーでラリってるとしか思えない失態をやらかした事は
ここだけの秘密、だぜw

納品でそれに気付いて46さんが
「折角綺麗に仕上がってるし、一度お客さんに訊いてみようか?」
と、逆に気を遣われてしまったが
あまりに恥ずかしくてひったくるようにタンク持って帰って
速攻で繋げてクリア吹き直して持って行ったのも
出来ればここだけの内緒、だぜw



すみませんでした。。。。。















0 件のコメント:

コメントを投稿