2012年10月18日木曜日

TRIUMPH RIOT 2nd

日曜日に山中湖で開催されたKaz氏主催の
TRIUMPH RIOT2nd」に行ってきました。
メンツはワタシ・Yumi嬢・神山・エイジ君、そしておじちゃん。
見事に魚肉メンバーだけです。

HONDA神社仏閣コンビはメットの色まで合わせてきました。
正直きもち悪いです。

先月だったか免許取得して晴れて公道デビューのおじちゃん。
いきなり1stバイクがCB72です。
そして本日がマス・ツー初体験&ワインディング初体験。
道志みち入った途端の最初のカーブで死にそうになってました。
「そういえばコーナーって、どうやって曲がるんだ?」
津久井湖周辺まで普通に走ってきたのに
ここにきていきなり自問自答でワケ理解んなくなったようです。
みるみるアウト側の崖壁に吸い込まれていきます。
「そうだった、思えば俺はドラッグレースONLYの直線人生だった」
まだ覚醒出来なかったようです。
後ろを走っていたエイジ君。
「おじちゃん、アウトに膨らみ過ぎだよ!!
おじちゃん!!だからそっちは壁だよ!!もっとバンクさせて!!!
ああぁぁもうぶつかるっ!!!
うわぁぁぁぁあ!!!おじちゃぁぁぁぁぁぁああああん!!!!!」

心優しきロッカーズ青年は
現地山中湖に着いてから泣きじゃくりながら
この様子を振り返ってくれました。
こんなに優しき青年を嗚咽させるようでは
おじちゃんはちっともジェントルではありませんね。

因みにエイジ君は同じく魚肉メンバーの長尾氏が峠でオーバーランして
側道の溝にはまってしまった時も後ろ走ってたようです。
その時も「長尾さぁぁぁぁぁああああん!!!!!」叫んだようです。
普段物静かに喋るエイジ君をこんなに絶叫させるとは
長尾氏もまたジェントルではありません。


叫んでるエイジ君でふと思い出しました。
「ミサトさぁぁぁぁぁぁああああん!!!!!」byエヴァンゲリオン
今度からエイジ君を間違えてシンジ君と呼んでしまいそうで怖いです。






何だかんだで会場に着きました。
おじちゃんはちゃんと健在です。

まさきと話してたら神山がYumi嬢の撮影を始めたので

邪魔してやります。




5台で行っておきながら
正式な参加資格あるのはエイジ君だけです。
すんませんw




そうこうしてるウチに十字架の刑から逃れてきた
ジーザスが現れました。
前日は山中に潜伏(キャンプ)していたそうです。
勿論、今日はVINCENTではなくトラでの参加です。





いつも素敵なご夫婦のN夫妻もおりました。
いつまでもエネルギッシュでアクティブなご夫婦です。
エネルギッシュ過ぎてご主人がどんどん若返りし過ぎでは?と
もっぱらリアル若者らが心配している程です。
まるでベンジャミン・バトンのような方です。
今度ウチに訪問してくださった際に
「むーねーさーん!!あーそーぼー♪」
とか店先で叫ぶにまで至った際は
「あぁ、小学生あたりまで遡ってしまったのか」と
その数奇な人生をひっそりと嘆く事にします。
奥様、どうかこれからもご主人にしっかりとブレーキを(笑)





ラズダズのRyozzy君も出店してました。
そして何故か屋外のイベントでライブでミシン踏んでました。
しかもその場で受けた仕事とかではなくて
BMWのスラッシュシリーズのシートを。
これでは只の仕事場がアウトドアです。
でもあまりにフリーダムでフリーキーなその姿勢に感銘して
Ryozzy君があまりにもカッコ良く思えてきたので
写真を撮りまくる事に決めました。

4連写とかで撮りまくります。
彼もどことなく嬉しそうです。

家に帰って気付いたのですが
ワタシは多分この時彼の仕事の妨害してたんだと思います。
仮にウチのブースで勝手にワタシをパシャパシャ撮ってるヤツが現れたら
ワタシならそいつにクリアぶっかけます。
工業用ミシンで縫われてたらと思うとゾッとします。





熱心に取材してた神山が突然空腹で倒れたので

ケータリングのホットドックを購入して食します。
食べて回復したようです。
会場到着時むせび泣いていたエイジ君も
会場いっぱいのトラに笑顔が戻っています。




「あれ~?Yumi嬢食べないの~?」
「ワタシはいいの、だって淑女だもん♪」

そう言った矢先に空腹で倒れていました。




磔の刑を逃れたジーザスも横たわって休息しております。
N氏は遂に赤子まで遡ってしまったようです。

ゴルゴダの丘での危機一髪を回想しながら
ジーザスは煙草をくゆらせておりました。

その頃、まさきのトラが身代わりになって貼り付けられて
オイルをダラダラと垂らしてうめいておりました。





「曲がる」という行為を習得したおじちゃんは
某誌の取材をトラでもないのに受けておりました。
神山がふと閃きました。
「そうだ、俺もここで鯨(CB450)ライオット開催しようそうしよう」
ドカ単でさえ50台そこらですよ、誰も集まらないと思いますよ。
あ、趣旨間違えてシー・シェパードは来ると思いますよ。





大ボスからあくびのサインが出ました。
疲れた・寒い・多摩地区帰りたいの合図です。
ワタシも夕方には来客があるので
トラでいっぱいで覚醒しまくってるエイジ君だけ置いて
4台でおいとまする事にします。
「イベント行ってトラの画像1枚もないやんけ!!!」
多分集まったトラの細部にわたるカッチョ良さは
他の方のサイトの方がずっと鮮明に伝えるとおもわれますので
ワタシの怪電波ではこれで十分と判断させて戴きました。
主催スタッフの皆様、ありがとうございました!!
おじちゃんはこの後初高速&初すり抜けも体験し
無事に多摩地区へと戻りました。






翌日。
そういえば最近HPのギャラリー更新してないや、で
こんちゃんと

T氏が来てくれました。
車体のプチ撮影会でゴザイマス。

ワタシはジャイロでロケーション良い場所目指してGo♪

T氏ご推薦の何だかいい場所に到着。

2台を何となく撮影してきました。

にしてもツネちゃんの造ったステップ、ホントにカッコいい。
鉄の素材感もドリルドで攻めてるのにバッチリの強度も
実は凝った造りで抜群のグリップ力も最高ね、これ。
HPへのUPは余裕ある時にちまちまとやっていきますです。








0 件のコメント:

コメントを投稿