2009年11月24日火曜日

PRIDE OF CLASSIC

日曜日に参加して参りました。
主催は若き熱血漢集団、「桐高レーシング」の面々。
皆若干25歳ながらも旧車とレースへの情熱は並々ならぬ熱きオトコ達で、
そんな彼らが主催として立ち上げた
クラシック・バイクイベントの記念すべき第一回でした。

タイム計測等はせずに、いつもはサーキットで「勝負」に来ている面々が
この日は走る事を純粋に愉しみ、
またそのゆとりの時間でいつも以上に皆で楽しく交流しましょう、
が趣旨の
とてものんびりしつつもエキサイトな愉しいひと時となりましたです。


今回は息子もデビューなのでウチはハイエースに2台積み込んで参戦。
この2台でも行きしなの談合坂辺りでは
「登らないな~廃エース」と思っていたんですが、
GASKETの仲野氏は360ccのHONDA軽トラに2台積載で来ておりました。
サンバーを売却してハイエースにスイッチしたワタシは
仲野氏に比べて軟弱者なのだ、と痛感しましたです。脱帽です。
帰りは我が廃エースをちゃんと褒めてあげたです。。。。





お隣に陣を構えたのはお馴染みRITMOの中嶋氏。
今日は氏もスーパープライベート(?)で参加。
写真はカミさん撮影。
アンバサダーとRITMOの構図が撮りたくて何枚も撮ってたです。
このアンバサダーがめっちゃ速い。
勿論乗り手の中嶋氏が速いからなのだが
我ながらこのアンバサダー見てるとコーフンします。
何故にこんなにコーフンするのかはそのうちレポートしますですw
うおーーーーー!!!♪♪♪




DUCATI450はそのRITMOでのキャブPWK変更と
TR COMPANY加藤氏のエンジンOHで物凄い絶好調。
もはやタイムが伸びない理由は自分以外にはないという
窮地に追い込まれました(笑)
仕方なく飛ばしてはみましたが、明らかにパワー上がってます!!
ヤバイ、愉しい。。。





この日はドカ単いっぱい。
同じ排気量がいっぱいいるのはタイム計測こそなかったものの
とても愉しく走れました~
が、皆さんSLY(スポーツランド山梨)のPIT INコースが理解んないようで、
最終コーナー直前でPIT入っちゃう方々も結構見受けられましたです。
でもみんなレース車輌ばっかだからゼッケン付いてるしで
緊張しますですよ、走行会レベルのワタシゃ。




2ストも沢山いてこれはこれでイイ雰囲気ですね。
ワタシも世代なのか、この2ストの
「ギャイーーーーン!!!」っちゅう甲高いサウンド、
とってもキライではないのです(笑)





紫煙があちこちでモクモク。これも2ストならでは♪
一部4ストだけど煙モクモクな方々もおりましたが、
これはこれで旧車イベントならでは(笑)
息子が自分の人生初の愛車がPW80になったモンだからか、
当日はTZやブリヂストンやクライドラーが暖気場で吹かし始めると
わざわざ紫煙浴びに行くという
変態で時代錯誤で残念な少年になってしまいました。。。。。





こんな貴重な戦前車も参加しておりました。
ダグラスですね。
ここのブースは他にも貴重な戦前車を持ち込んでおりました。




息子初オンロード。
桐高の角田氏先導、同じく桐高の狩野氏がライバル買って出て
YAMAHAポッケで追走してくれた中、
3週程サーキットを走行。
このSLYサーキットって、高台登っても1コーナー先から
2コーナー抜けてヘアピンまでの一部が見えないんですけど、
今回息子は自ら走ってこの見えない部分を知って大喜び。
「1コーナーから2コーナーってすぐだから大変だよね」とか
「ヘアピン2個目が膨らんじゃって・・・」とか
今日一日で生意気な口を叩くようになってしまったw








他にも画像結構撮りましたが、
後日他の方々からの頂き画像(?)も含め、EVENTレポートでUPしますね。
取り急ぎこんなカンジのいいイベントでしたよ~、が皆さんに伝われば、ね。
主催の桐高レーシングの方々、本当にお疲れ様&愉しい時間をどうもでした~
次回もまた開催してくださいね!
次は同じSLY山梨で5月にRITMOさんの走行会、かな?
ワタシはすっかりSLY専門レーサーになってますね~
絶対SLY以外ではへっぽこでしょうね~(笑)

0 件のコメント:

コメントを投稿