2009年11月24日火曜日

FUNNY-B CUSTOM ART SHOW



行って参りました。
朝の8時まで通常業務を敢行してそのまま寝ずに行こうと決めてたんですが、
気が付けば2Fリビングで2時間ほど倒れて寝てしまったようです。
お昼のRAZZLE DAZZLEのRyozzy氏のテレホン・コールで起床です。。。
ええ、もう慌てて積み込みです。
TRさん、CB750タンク納品できなくてスミマセン(泣)








で、途中高円寺でIGNITEの石橋氏もピックして
ムサい男3人でエアコンも無い廃エースで都心を走り渋谷へ。
しかし、地下工事中の山手通りはいつ走ってもFUCK極まりない道です。
ローダウンしてるとたまんないです、乗り心地。
高速有鉛」なべったりさんは死亡するでしょうね、この道。。。
会場入りが6時過ぎとのコトで、
暫し主催のHILTON GARAGEさんの店の前で待機。




なんとこの入り待ちの数時間で石橋氏はショー・ボードの製作を試みる。
車体の完成は昨日なので、
ここで画像撮って歩いてすぐの知り合いのスタジオで
秒殺でボードをこさえる、という。
もうそれはワタシのJOBの範疇ではないので
「へ~」とワタシは応えて待機時間を満喫するとした(笑)
このHILTON GARAGEさんは、ちょい奥まったところにあって、
目の前に公園、その後ろにJR(電車ね)、
そして公園の緑、と渋谷とは思えない、
多摩っ子には安らげるシチュエーションでとってもいい環境でした。
暫しRyozzy氏とまったりしながら蚊に刺されてました。







廃エースと共にのんびりまったり待機、です。
石橋氏は一向に戻って参りません。
恐らく仕上がりに拘っておられるのでしょう。
暫しRyozzy氏とまったりと蚊に食われながら小休止です。
でもウチの店よりかは蚊は少ないです。
ウチが多すぎです。多分、多摩だからです。
なのでワタシは思う存分休憩できます(笑)





タイでお馴染みのトゥクトゥクもやってきます。
さすがは渋谷です。
でも3面モニターに「南明奈」が流れておりました。
よく理解りませんが、渋谷ではウケがいいのでしょうか?
ワタシは多摩という以前に麻木久仁子とか森口瑤子とか
高橋ひとみといった熟女にしかレーダーが働かないので
この画像の真相は不明ですw







ささ、そうこうしてるうちに石橋氏も本当にJOBこなして戻ってきて
会場入り、です。
どうやらプチ・ライブもあるようです。
ターンテーブルと共にマイク・チェックされておりました。
ステージ上に血糊が降って来るような
SLAYERみたいなジャンルが好きなワタシには
とても新鮮な機材達です(笑)







搬入車輌や諸々含めて、
会場の外も一般人からすれば変な車ばかりなのでしょう。
ワタシ達はホンキでこれらの車で搬出・搬入しております。
全て勿論低燃費でもハイブリッドでもございません。
全て昭和の遺産でございます。
そんなご時世ではないのは私共も充分承知でございます。
その分、行政より高額な納税という処罰を甘んじて受けております。
なので、出来ましたら暖かい目で見守って頂けますと幸いです。





気になった車輌をいくつか。
一応MOTOR畑でメシ食ってるので、
そういった点でグッときたモノをご紹介です。
キレイな写真は後日のプロ(雑誌)か他の方のBlogにお任せして、
ワタシは何とか撮れた何台かを。
これは主催のHILTON GARAGEさんの車体。
リアサスがすごいトコにリロケートされてます。
リンケージで巧くリアサスを駆動しています。
そのままでは乗車するとタイヤとフレームが当たるそうですが、
これは是非その辺を克服してフィニッシュして欲しい車輌です。




こちらは天下の「7STARS」さんの車体。
もうどこもかしこも別物です。ちょっとズルいです(笑)
しかし、狙いとジョブはズレておりません。
そこら辺がクレバーな感性を感じます。まとまりの良さは流石です。
カレースピードクラブ」のステッカーが貼ってあったのがとても気になります。
これでサーキット来てくれたらワタシ、完全に平伏します(笑)




こちらはKAZZROCK氏のカスタム車輌。
チカーノ・テイスト満載ですね。
実はワタシ、ペイント業界にいきなり前職辞めて丁稚で入ったその工場で
このKAZZROCK氏のステップ・バンが入庫しておりまして、
あの頃は下っ端だったのでたいした作業はさせて貰えませんでしたが
氏の車輌に関わっておりました。
IGNITEで今度氏のステップバンがフィーチャーされるそうで、
その話を石橋氏に聞いた時、
「うわ~、あのステップバン、まだ健在なんだ♪」と嬉しくなり、
会場でKAZROCK氏と少しお話させていただきました。




ハンドチェンジでシフトノブが氏らしいコラージュ。
あの頃のサブロク(サンバー)はもうワタシの手元にはありませんが、
今も氏の元で愛されているサブロク(ステップバン)、
とても観てみたいです♪





こちらはペダルマフィアさんのB。
もうエンヂン降ろされてペダルになってます。
で、フレームの左右に発動機の為の燃料が備わってます。
つまり発動機=人間。燃料=キレートレモン(笑)
これ、最高ですw
コンセプトもディメンションも、ハイレベルな仕上がりで、
更に上記の笑いもさらりと取れるモデルでした。
かなりの確信犯とみました、ペダルマフィアw




こちらは山本KID氏のグループ出品のB。
クリップオンスタイルの激バックステップの
位置も構造もまんまのハンド・シフトです(笑)
でもちゃんとフロントのキャスト角寝てます。
で、倒立フォークをちゃんとインストールしています。
意外に芸が細かくて感心です。




夜も更けて外の車輌もどんどん濃ゆいのが集まります。
こちらは7STARSさんのFORDですね。とても有名です。
この後、公僕が廻って来てくだらないレッカー移動を始めたので
こうした魅惑のパーキングのオンパレードは
散り散りにされてしまいました。。。。
こっちより反対車線のバカみたいに並んでる
TAXIのクソ集団取り締まった方が交通の流れ、
良くなるんじゃね?
相変わらず公僕はくだらないですね。
あ、愚痴ってしまいました。スミマセン。。。




そんな感じで夜が更けると共に賑わいが増していく
とっても渋谷的なSHOWとなりました。



個人的にはSHOWという特別な色合いを押し出した感じ、
というより週末に凄く気の会う連中が凄い集まったクラブ、
みたいなノリだったなーと思います。
帰り道にRyozzy氏と多摩川を渡る際に
河のイオンを感じて生き返りました(笑)
もう、どうやらワタシはすっかり多摩っ子のようですw
でもとても高いテンションを感じるいいイベントでした~



今日のベスト・ショット。
イベントに駆けつけた方のラビットの荷台。
この平成の渋谷でこの箱。
そして内容が「ミツトヨ」!!
久々の渋谷でこれ見つけた時の安堵感、理解してもらえます?
これだけの確信犯もこのイベントにおられたワケです。
で、これにノックアウトされてるワタシ。
間違いなく双方共々、プライド背負った「昭和の残党」でございますw
何故こんなに早くUPしているかって?
だって明日(もう今日じゃん)もCRUIZあるし、
レポート溜めたらもう書けないからだってばw

0 件のコメント:

コメントを投稿