2017年8月14日月曜日

魚肉ガレージの駐車場。

魚肉ガレージ、
最近クルーが未来に期待を膨らませていっぱい「夢(不動車)」買ってくるからあぶれてしまい、
ならばと契約の駐車場を一番大きい場所を思い切って借りた。
これで遊びに来た時何台車置いてもOKだし、
何台「夢(クズ鉄)」買って来てもOKだねと、
クルー大喜びしたのが今年初めの話。

そして初めて迎えた夏。我々は驚愕の事実を知る。
隣が藪と栗林な為、少し放っておくだけで軽トラもみんなの「夢(ゴミ)」も
全部森に還る寸前になってしまうのだ。
リアルReturn to Innocence。

今年よりワタシの人生に「草むしり」が加わる事となった。
ゴミ(夢)を守る為に(´・ω・‘)





で、大家さんに相談。

「大家さんだけで除草大変でしょうから我々持ち回り制で除草しようと思ってるのですが、
刈り取った草の遺棄(ゴミ出し)だけお願いできます?」
「んー、刈り取った草放り投げていいよ。あっちの領土に」
「えっ!」
「だって、あっちの人のものだもの。そうしちゃっていいよ」
「・・・・・・。」


大変物静かで笑顔の絶えない優しい大家さん。
その微笑む瞳の奥に深い闇を見た。
どうやら魚肉スピードは紛争地帯の国境線に駐車場を借りてしまったようだ。
沿岸国境警備に勤しむしか無いようだ



(´・ω・‘)夏季限定ダケドナ。。。。




0 件のコメント:

コメントを投稿