2016年10月12日水曜日

何だかもうお久しぶりでございまする。

もうここまでさぼってるとどっから書いていいのかも理解りませんが、
一応最後がFLATFISHESのPVだったので
まぁ6月から一切音信不通だったようです(苦笑)
Facebookの方は結構マメにUPしてるんですけどね。

6月はベイエリアカスタムショーに46worksとエキセントリックモーターサイクルから
全部で3台の車体のペイントに関わらせて戴き、
今回新規制作のエキモのSRがフレームとタンク一体成型で

形状もエキセントリックで何か大変で
しかもペイントがパール地にキャンディピンクでグラデーションというもので
時間も無いので泣きながら1発勝負で勝負かけて(笑)


こうなりましてん。


中々ビューティフルな仕上がりになって一安心して


一安心してたら


何とケンタ、ハーレーやトラ差し置いてSRでベストオールドスクールチョッパーで
アワード獲得しましてん。
凄げーやったじゃんかケンタ!!とコーフンしてたら



塗ったのは過去になりますが46さんの車体2台ともアワード獲得しましてん。
ワタシ、棚ぼたでアワード3冠という結果になりましてん(笑)
すみません、調子のりました。
ワタシは単にペイントしただけでゴザイマス。


古くからの友人がまたSR乗りたいってんでSR500引っ張って来てちょいとカスタムして


代金代わりに生前ヨッシーが最後に乗り回していたこのVespa引き取ってきまして


これは将来娘っ子の所有する車体になる予定なので
二人でカスタムペイントで持ち合わせのステッカー貼って愉しんで


こんな感じになりました。


娘と検討した結果、右側には寒色系のステッカーを集中させてます。
ステッカーは殆どが60年代のフランスのものがメインです。
まぁ娘のなんでこういう方向の方が可愛いし、ね。
中には旧西ドイツ時代のラジヲ局のものとか
まだレシプロ4発プロペラ機のDC6時代の日本航空のものとか
実はかなりレアなステッカーがいっぱい貼ってあるので
娘が免許取得して乗り回す様になった時には
中古のボロい両サイドのパネル用意して
1年は何回倒しても構わない仕様にしておかないといけんかもしれない(笑)


という事は左は暖色系でまとまる事になりまする。


で、フロントはレインボー系と(笑)



娘は現在14歳なので免許はまだまだ。
という事はその間はワタシと息子、大樹が乗り回して遊ぶ事になります。
なので現在調子こいてレーシングキャブぶちこんでます。
アイドリングしねぇwww


はるばる広島よりリプレイモトサービス様よりブリヂストンのフルレストア作業で


半年掛かりの結構なプロジェクトになりましたが


完成すると喜びもひとしおで
朽ちかけていたモーターサイクルを蘇らせて再生する自分の仕事、
改めて面白いなと毎回感じたり


世田谷ベースの企画で所さんのBMWのペイントを担当したり




雑誌社絡んでるんで実物写真を掲載できないんで
どっかでご覧くださいまし(笑)


過去にSTEIBサイドカーでペイントご用命戴いたK氏が
また新たにヘルメットのペイントをご依頼して戴きまして。
あ、丁度工房のコンプレッサーが壊れて呆然としてた時期でして(苦笑)
K氏、ホントご迷惑おかけしました。。。。


そんなK氏、こんな車体や


こんなファンタスティックな車体を操るヘルメットだったのですね(汗)


ドカ塗ったり


ドカ塗ったり


Parilla塗ったり、でまたドカ塗ったり(笑)
何だか今年はイタリアンのご依頼がぐっと増えましてん♪


Vespaの板金修理とプチカスタムご依頼されたり。
何だかイタリアン専門店みたいになってますがご安心ください。
今年もぶっちぎり入庫NO1は15年連続不動の地位でBMWです(笑)


今年一発目に入庫したこのキョーレツなヤツ。
もうぐちゃぐちゃ過ぎて発芽失敗した古代の種子みたいなヤツ(笑)


こう見えてワタシ、年々ペイント依頼がバックオーダー待ち状態が続いてまして
餅は餅屋ってやつでメタルワークはツネちゃんにお願いしました。
こっからは暫くツネちゃんのレポートです。


底板と分離させて更に致命的にダメな箇所を切除。再生を繰り返します。


車体に合わせてフィッティングも何度も確認して進めていきまする。


他の仕事をしながらというのもありますが
ここまで到達するのに半年費やしました。


よくぞまぁ発芽失敗した種子をここまでみずみずしく再生するなぁ(驚)
ハンマリングの凹凸は流石にありますが
それでもサフェ×2で鏡面に持っていけるレベルの仕上がりです。
ワタシは各部エッジをハンダできりっとさせた位で下地は済みました。


で、すみません。いきなり完成です(笑)
このタンク、大変希少なVelocetteのスクランブラーのタンクだったんです。


今回はトランスファーをこれでもかとほぼ1か月乾かしてやりました。
ぶっちゃけ何のトラブルも無く成功しました。
やっぱ単純にアホみたいに放置するしか成功の秘訣はないのかも。
という事はトランスファー仕事の方の納期は今後作業以外で無駄に1か月戴きます。


あのメケメケだったものが自分達で言うのも何ですがこうなるモンなんですね。
知らない人が見ればゴミでしかなかったもの。
情熱があれば我々が必ず再生してみせますので
行き詰った方は是非多摩地区にご相談くださいませ(笑)


まぁそんな感じでカスタムペイントもレストアペイントも
怪電波こそ更新していませんでしたが
通年通り満載でやっております。

年末の入庫予定ですが
現在11月まではもう埋まっております。
12月も検討中・調整中の方が数名おりますので
10月半ばを過ぎるともう年内埋まる可能性がほぼ間違いないです。
寒い時期に大きなプロジェクトを考えていらっしゃるユーザーの方は多いので
ご検討の方はお早めにご相談・ご予約お願いしまする。

0 件のコメント:

コメントを投稿