2014年6月13日金曜日

久しぶりにして連投してやる(笑)

久々過ぎてどっから書けばいいのかも理解らなくなっております。
こういう時は自分の心の中に強烈に残ってるコトから始めればよいのだ、と
よく訊きますので
ここは先ず自分でぶつけちゃった人生初の事故しちゃったコトから書きます(笑)
よりによって人様の車乗って人生初の事故起こしました、ワタシ。。。。
よりによって最初から半分腐ってる車のってやっちまいました、ワタシ。。。。

というコトでなかじのアルファF12、ドアをせっせと治してたのが2月あたりの話です。

色に関しては今後オールペン考えるからサフェ止まりでいいですよ、と
オーナーのなかじに言われてサフェまででフィニッシュ。
とはいえぶつけた箇所よりも腐ってて除去・新設した箇所の方が多かったこのドア。
なかじはたいそう喜んでおりました。
ぶつけられて喜んでるってのは普通有り得ない話ですが
今回の様なケースの場合は喜ばれる事もあるんだという希少な事例ですw

3月末のVMX参戦前にどうにか間に合いましたね。
早速二人で魚肉ガレージ向かって取付作業です。

とはいえこの辺は流石は旧車。
ドアの中身戻しなんざ容易いものでちょちょいのちょいです。
これが現行のサイドエアバック入りとかだったら
なかじかワタシのどちらかがエアバック作動して
爆死していたに違いありません。
今ここで「旧車バンザイ!!」って褒めようと思いましたが
むしろ旧車のせいでぶつけた所より腐ってる箇所の方が多くて
ワタシの作業が大幅に増えた事を思い出したので
気持ちは完璧に+-ゼロです。



にしてもいい天気でございました。

というコトでサフェ止めのレストア済のドア、装着です。
アステカ君が横でずっと作業見守っています。

VWのTYPEⅡとかこのアルファとかの外車のビンテージって
何でこうサフェ止まりでも絵になるのでしょうかね?
これがワタシの国産廃エースとかだと
「あー、ここで資金尽きちゃったんだ~」とか
「あー、オールドタイマー読んでDIYでやってるクチか~」とか
結局お金無いイメージしか沸かないのが腑に落ちません。
ずりぃな、なかじ(笑)






今年の始め、四半世紀ぶりに高校の同窓会に行った。
級友の今の話が面白くて、何だかとても良い夜だった。
そして春先に同級生だったK君がバイクで来訪してくれた。
なんてこったい、なRITMOのBMWで(笑)
狭い、世の中超狭ぇw
色々話し込んで欠けちゃったラインの修正もして
今度一緒に走ろう、と約束してお別れした。
同級生でバイク乗ってる人、ここ観たら連絡頂戴な。
同窓会がてらのツーリングとか、いいじゃん♪
K君、また来てくだされ~!!







ウハウハしながら3月末のSUNDAY CHOP CHICKEN RACEに
久々にドカでオンでも愉しもうかとエントリーして
前日に保安器具取っ払って準備してたら

その日の朝、サーキット向かう直前に廃エースのバンパーを
事もあろうに店のガラスに圧迫して割ってもうた。。。。
ドアも開かないしシャッターも降りない。
ガラス、片付けるしか、ない。
レース参戦はこの時点で不可能となりました(泣)

意気消沈しながらドカの保安器具を戻してると
いつもビッチ扱いしてたドカが
段ボールで塞がれて暗い店内でワタシを見下していた。。。。

前厄で自分の店爆発で吹っ飛ばした。
本厄でなかじのF12ぶつけた。
後厄で再び店のガラス吹っ飛ばした。

お願いですからもう何も起こらないでください。。。。



とある日、所用で小平へ。
娘が生まれたばかりのツネちゃんを訪ねると
ロフトに小屋が出来ていた。
娘・妻のコンビに男一人で勝てなくなった時に逃げ込む用の
ハックルベリーみたいな小屋なんだと思う。

頑張るんだ、ツネちゃん(笑)

この日はROLLER MAGAZINEの取材。
とはいってもワタシの車体ではなく
ジーザスK内氏のMATCHLESS G80の取材。
平日昼の時間に対応出来るのは自営業の者くらいだろうというコトで
ワタシが代行で車体を引き出した次第。

とある場所まで行って撮影開始。

場所の所在は控えますが
アーティスティックな者が集う場所だったので
こんな撮影にも皆お構いなしだったのが嬉しい。

というかMATCHLESS知ってる人までいたのが妙に嬉しい(笑)

プロ意識全開で頑張る風景観れて嬉しい。

ワタシは完全保護者感覚だったので
丁度良い息抜き出来て嬉しい(笑)





20年前一緒にバンド演ってた清一が
新しいアルバムのポスター&CD持参で来てくれた。
あの頃一緒に活動してた中で唯一今でも音楽でメシ食ってる彼。
今では「モアリズム」で活動中。
激シブなブルーズでステキなアルバムでございます。
皆さま、是非ともチェックをば。
電気クラゲは電気ぢゃない、
只痛いだけ♪


現在初のお子出産でカミさんのナナコ嬢が帰省中の神山。
会社に家の鍵置いてきたとかで家に入れず
仕方なくウチでレスキューする事に。

「助かります!!これで安心して屋根の下で寝れます」
などとぬかしやがったので
「オレ、今日は朝までオールなんだけど」
で、朝までカブの配線引き直しを命じました(笑)

余談ですがこいつ、この後また鍵置いてきたやらかして
またもや路頭に迷ってましたが
もうウチもやってもらう事がなかったので
そのまま気付かないフリして無視しましたw




LOOSEFITを閉めて放浪の旅に出てたオサムさんが帰ってきました。
酒の呑めない彼と朝まで呑んで(ワタシだけ)ました。
朝帰る前に写真撮ろうとしたらいつものかたくななまでの拒否です。
きっとこの人過去に大きな犯罪やらかしてるんだと思います。
顔見せられない人ってのは大概そうです。
魚肉のくわたまさあきなんか何の根拠があるのか理解りませんが
いつもやたら堂々と「くわたまさあき!!!」と名乗ってます。



5月某日、SRのイベントに行ってきました。
これがワタシ名義での最後のSRでの参加になるだろうな、と思い
17年の名義からバトンタッチとなる我が息子、大樹と共に
一路山中湖を目指します。
こいつは残念ながら12月生まれなので年内は公道デビュー出来ません。
年内はまだワタシが我が物顔でSRに乗れます(笑)

ホントは立川から森クンも一緒に行く予定でしたが
何回電話しても寝てて起きないので
もう置いていきました。
途中で追いついてきたのですが
魚肉は魁男塾並みに体育会ノリなので
現地着いてすぐさま公衆の面前で土下座させます(笑)

土下座させたまま50m程離れて放置プレイもしてみますw


やまりんのぐっさんとも合流しました。
というかもう森クン調子こいてますw



何にせよ山中湖は良いロケーションでござました。
でも「走る」そのものに飢えていた我々は
昼には会場を出て吉田うどんを食うという命題に燃え
山中湖近辺を走り回ります。

会場より小一時間ほど走った忍野八海あたりの有名店に到着です。

ギリギリで名店の吉田うどんにありつけました。
シアワセでゴザイマス♪

よく言われるんですが
「何でMuneさん今でもSR乗ってるんですか?」
正直理解りません。

こいつを手に入れたのはカミさんと結婚した17年前。
今後絶対無いだろうな、と思い新車で購入したこのSR。
気付けばこの後トーハツもVELOCETTEもCBも諸々も
ウチに来て出来上がってワタシの元を去って行ったのに
今の今まで残って来たこのSR。
ま、ね。自分でもそこは不思議にも思います。
でもね、この17年間、13万㎞の道をワタシを乗せて走って来てくれたのも
間違いなくこいつなんですわ。
もうワタシにとってこいつはSRではなくて「ワタシ」なんですよね。
そしてこれを今後は息子に引き継ぐワケです。
これを重く受け止めずに息子は息子でそこからSRとの人生を歩めばいいと思ってます。
高校生でお金無いんだから今あるフェンダーぶった切ればいいし
気に入らない場所は容赦なくパーツ変えればいい。
親子2代に渡ってそんなコト出来る車体って、早々無いなぁと
改めてSRっていいな、と思ってます。
次の「ワタシ」の航跡でこの距離走れるのかなんて理解りません。
そんなコトぁ神様に任せていけば良いコトです。
それをワタシは46さんの手掛ける内燃機であるGUZZIに託そうと思っただけです。
カスタムって、誰に何か言われて変えるものではありません。
車体って、誰に何か言われて変えるものではありません。
でもそんな自分が何となく乗ってきたこの車体を
息子が引き継いでくれるってのは
素直に嬉しかったりするのは事実ではありますね(笑)
Kさん、写真ありがとうございます♪
来年はなるべくGUZZI仕上げて親子2台で
こういうツーリングに行きたい所存でゴザイマス(笑)

























0 件のコメント:

コメントを投稿