2013年6月6日木曜日

普通最初に書くだろ、なお仕事編。

ここ最近溜めてしまってたお仕事編デス。
先ずは何だかんだで壮大なプロジェクトになっちゃってるFTR。
フレームオフが先だったかそこまでやるならフレームペイント、が先だったか
もう今となっては多分オーナーのK氏も思い出せないであろう程
結局凄くがっつりカスタムしちゃってます(笑)
総括のカスタム製作はエキセントリックモーターサイクル
Eg内部にまで着手するプランになったので
その間にフレームをキャンディのグラデーションでペイント。
ウチの魚肉クルーのYumi嬢のSRとも似ておりますな。
しかしYumi嬢のは外装がこのパターンでフレームは黒です。
K氏のFTRは反対で外装は黒でフレームがこれです。
ややこしいです(笑)
因みにこのオーダー通りのもこもこ食パンシートはラズダズ

タンクは既に昨年に塗ってるので
今回はワンオフの電装ケースを新たにペイント。
K氏のオーダーでトランプのジョーカーっぽいのを。
ジョーカーというより中世のサーカスの「クラウン」。
ピエロでなくクラウン。
でもってカードの絵みたいなキッチュでプアな感じで、との事でしたので
筆書きでキッチュに描いて
顔はジョジョのDEATH13風にさせてもらった。

反対側はピエロとクラウンの違いをスパニッシュで。
昔の手書き文章っぽくというオーダーだったので
ちょいとあちらの方が描きそうな崩し入れて。

このFTR、リアフェンダー裏ががっつり見えるので
そこにエキモのネームを。
裏はアートナイフにしろ筆にしろ逆Rなので
実はすごく作業しにくいのです。
カスタムプランの追加も多くあったので長い期間のプロジェクトになりましたが
あともうちょい、ですかね。

3月にペイントしたての最近よくウチに来る地元青年団M君のVTZ。
もう事故った(苦笑)
幸い、本人も車体も比較的軽症。
でもタンクはがっつり凹んだ。。。。
こんなすぐにリペイントするとは思わなんだ。
元々べっこり凹んでいた箇所またやったので修正は結構手間食います。
まぁ本人軽傷で取り敢えず何より。


大人っぽい外装一式カスタムペイントのCBX。
この手の車輛には珍しい5分艶フィニッシュ。
ラインは純正然で濃淡シルバーで。
オトナっぽくていいんではないでしょうか。
実はこれ400ではなく550Fなのですがまぁ外観は似てるので
最近盗難率No1らしいのでお気を付けくださいまし。
I様、ご用命ありがとうございました♪


ロケットカウルが仲良く2個入庫。
左が英国エイボン製カウル、正統派のVELOCETTEに装着されます。
左がイタリアのMV AGUSTAカウル。と言っても元はMAGNIのもの。

その2日後。
カウル達が仲間呼んでしまった。
BMWと本家MAGNI。
ナウシカに出てきたウシアブか?お前ら。
「森へお帰り」って言ったら帰るんか?
どうしていいんだか理解らない。

先ずMAGNI剥いてみた。
うげ、また堆積層5層以上ある。
前回GUZZIで地崩れ起こしたからこれは怖い。
慌てて入庫業者に℡。
ちょっと当面掛りそうです。。。。


という訳でこいつの後ろで天地逆さまで自由に遊んでいた
エイボンさんから先に料理する。
カウルに描かれた「Maria Veronica」は
オーナーのM氏にとって生涯で最も大切なキーワード。
そのエピソードを拝聴した際、
ワタシも心が震えました。

ペイントが終わったので
このカウルのステーを造ったツネちゃんのところへ持ち込む。
元フレームを一切加工せず
そして負担掛けない秀逸なステーでございます。

で、ラストはTR COMPANYにて無事に終了。
J・ドトキンのヴェロ、M氏色にてお化粧直ししてフィニッシュ。
最近、ウチ・ツネちゃん・TRさんの図式も多いデスね。
M氏、是非これの走行姿を拝見させてください♪


久々にこんな仕事もやってみたりする。
レタリングと違いピンストは本来範疇外なのでムズいっすw

お仲間のものは気軽に受け付けます。

これはもう流石に下書きなしで3分で描けます(笑)

余談ですが最近多摩地区界隈もチャリンコがブームです。

ただ、そこはやはり多摩地区なので
変なチャリが多いです。
これでも褒めてます。
ウチから近くに自転車屋FUNNYさんがあるので
これからも変なチャリが増えていくんだと思います。
最近ワタシも自分のロードバイク弄りたくてウズウズしてます。



以前SEELEYペイントでご用命戴いたE氏。
実はVELOCETTEもカシュ―塗りのくすんだタンクをリポリッシュしたり
以前ウチでペイントしたVINCENTをゲットしたりで
なにかと氏の車輛にワタシが絡む結果となっております。
「いずれヴェロもリペイントお願いしたいんですよね」と仰って戴けて
ペインターとして光栄しきりです。
で、今回はNORTONインターの内部コーティング依頼。
「知っている限りで過去に2回ハードに錆落とししたんですが
数年経つと物凄い錆が発生するんです」
で、最終手段のコーティングのご依頼です。
外装の程度はいいのでE氏の車輛で唯一ペイントしない車体かもです。
んじゃあ錆落としから始めましょうかね。

2時間ほど振って逆さにしてエアブローして繰り返して
まー出るわ出るわボソボソと出てきます。
しかしちょいと不思議な事にこれに磁石を当てて

むぎゅ。

一つたりともくっ付いてはこないんだなこれが。
酸化鉄は元々磁石には反応しなくはなるものですが
成分中に少しでも鉄分あれば反応はするのですが。。。
過去に2回ハードな錆落とししてるという話ですし
これはもしかしたら錆ではない何かしらの物質なの?
色々頭の中で「?」なままケミカル投入。
ストーブ焚いて1日温度上げて反応を促進します。
で、夜ストーブ切って余熱で残りの反応をさせて、と。

朝、1Fの店に降りて驚愕。
ストーブの周り、びしょ濡れ。
タンクの表面からケミカルがエボラ出血熱。。。。

ペイント表面を水疱状にしてしまっている箇所もあれば

滲み方が変で失意のままザグってみたらあちこちにピンホール。
今まで極小のピンホールでこのパテで止めてあったっぽい。
今回の(知ってる限りで3回目の)錆落としで大きく開通しちゃったみたいです。
これは塗らなくていいと思ってただけになんだかううぅ。。。。

E氏、気軽に「錆取りですね、いいっすよ~」で預かってスミマセン。
こんな結果になるとは正直全く思っていませんでした。
お預かり、長くなりそうデス(泣)


余談。
こないだのBBQパーティーで記憶喪失になったやまりん長男が
MISSING LINKを取り戻さんと自分探しの旅に出て
どういうワケだかウチに来た(笑)
低姿勢を取っているのは多分転倒した時頭を強く打つ事を恐れ
知らずのウチに防御姿勢をとっているものと思われる。
それを会得しただけでも自分探しは終わってるよ、お帰りw
冗談さておき実のところは手前のRDの試走。
このRD、カッチョ良くしましょ♪

昨年PSYCLE CRAFTERSさんよりご依頼でペイントしたM氏のBMWのK1。
実車をご披露しに来てくださった。
ぬおぉ、でけぇ。思った以上に超でけぇ!!

M氏、更にこれにペイントを加えたいらしい。
実はその打ち合わせだったりする(笑)
そしてここ最近ウチの店に魚肉ソーセージが溢れ返っているのは
このM氏が漢買いしてきたからであるw
M氏、またあれやこれやと遊びましょうか♪
でも差し入れはそろそろサラミがいいです(笑)
前回とことん三者三様で話し合って出来上がったカスタムなので
気心知れたペイントのリピートって、嬉しいものです。
そうそう、PSYCLE CRAFTERSの萩原氏、
つい最近待望の第1子が誕生したらしい。
おめでとうございます~♪そして奥様お疲れ様!!


5月にお預かりしたBELLの4輪用れーすヘルメット、こちらも完成。
シンプルなラインですが、これは70年代にF1で活躍した
フランソワーズ・セベールのレプリカ。

正直申し上げますとセベールはそのF1にて非業の死を遂げています。
どうしてそんなレーサーのカラースキーム?と思っていましたが
オーナーのK氏とのやりとりで成程、と納得。
そういう経緯であればこのカラー、スライド背負っててカッコいいです。
K氏、昨日発送しましたのでお手元に到着まであと暫しお待ちください。
お気に召して戴ければ幸いです。
そして今後のレース人生、ご武運とご無事を!!!

最後に。
ウチとしては超珍しい現行、ニンジャの250オールペン。
タンクを剥離してみたらライムグリーンの下からいきなり鉄板。
ぬおぉ、メーカー純正でサフェもプライマーも吹いてねぇ!!
流石は男のカワサキ!!
他のメーカーが出来ない(やらない)事を平気でやってのける!!
そこが痺れる憧れるぅ!!!
と、一人でワケの理解らない興奮をしたが
よーく見てみると非常にしょっぱい膜でうっすらとプライマー層があった。
夜中に一人はしゃいだ時間、返して欲しい。



5月初めに入庫予定だったF様のBMW。
もうかれこれ35年近く連れ添ってきたまさしく「相棒」。
お子様達が皆独り立ちし、
奥様と共に新たな人生のスタート、でオールペンの予定でしたが
入庫5日前にまさかの盗難。
物凄く悔しそうにキャンセルのお電話戴きました。
こちらも何だか掛けるお言葉が見つからず。
人の単車を気軽に盗む様なクズは地獄に堕ちてください。

別件で最近ドタキャンも続きました。
まぁ入庫待ちの方が結構いらっしゃるので
繰り上げ入庫のお知らせ差し上げると喜ばれるので
結果オーライではありますけれど、
そんな入庫待ちの方も事前に予定を打ち合わせしており、
例えばツーリング行ってからの予定だったのをツーリング不参加にして
こちらの繰り上げ入庫のお知らせに合わせてくださったりしています。
「あれ?キャンセル?」と思っても
後日入庫できなかった理由をお電話くださった方もおりましたが
ワタシだってそういう理由があったのなら別に怒りません。
何の連絡も無し、はワタシだけでなくお待ち戴いているお客様にも迷惑です。
「お金払うの俺だしキャンセルも俺の自由」
まぁ、もう多くは語りません。
ご縁が無かったというコトでごきげんよう(苦笑)

とまぁ気分を害する事も多々ございましたが
もう人生完全に折り返し過ぎたワタシは前向きに生きな勿体ないので
梅雨まっさかりの6月もポジティヴに参ります。
と締めくくりたいのですが
現在バッキバキに空梅雨、ですわな(笑)






































0 件のコメント:

コメントを投稿