2012年12月11日火曜日

大変遅くなりましたRODショー編。

やっとこさRODショーまで漕ぎ着けました(苦笑)
んが、
実はデジカメの設定をスローシャッター設定にしてた為
撮影した殆どの画像が使い物になってませんでした。。。。
だから全く期待しないでご覧ください。

入っていきなりLOVEEARさんの
激しいモールディングが迎えてくれます。
同業者としては観てるだけでパテ粉臭を覚え
くしゃみが止まらなくなりそうです(笑)
しかし凄いなぁ。
桂川氏の本人の車体はもっと凄い事になってます。
もうぶっちぎりで彼の領域、
まさしくLOVEEAR WORLDデス。
是非LINKでご確認ください。

Kaz氏に迎えられました。
とても愉しそうでゴザイマス。
肝心の車体はブレまくって
実車以上にエキパイが天空に向かって伸びてましたので
ここではお見せできません。。。。


今年はシーシーバー装着のロングフォーク70’sチョッパーが回帰してる模様。
会場内に沢山おりましたが
あの風体はいくらカッチョ良くても背の低いワタシが乗ったところで
「捕らわれた宇宙人」状態になること必至です。
人間がザンネンなワタシにはこういうコンパクト系が食指の動くところです。

「あれかっけぇ!!あれ撮っといて!!」
息子は息子でこっちにばかり興味が沸きます。
ワタシら親子は横浜に何しに来たんでしょうか(苦笑)?

そんな親子が満場一致でチョイスしたトラ。
流石の造形、平和モーターサイクルさんでした。

レンズがアンシンメトリーなのが可愛い。

去年も出ていたVINCENTが
更に凄い事になっていた。
ドラッグレースしたいのかちょっとお買いもの行きたいのか
乗り手に直接訊かなければ絶対理解らない様なこのドキドキ感は
実は結構好きだったりするw


多分、排ガスを前方から排出する事によって
乗り手が少しでも吸い込んで還元し
排ガス規制をクリアしようという
かなりの努力の賜物と思われます。


完全にワタシをあざ笑ってます。
「乗ってみさらせ、このチビw」
ぐぬぬ。。。。


そんなワタシにぴったりの乗り物が出展されてました。
ホッとします。


まるで車内がサウナです。
フィンランド式だと思います。


有名な「花魁号」です。


ボディに描かれたミューラルが
実は「四十八手」になっております。
流石は花魁です。勉強になります。
我々庶民はこの中の何手くらいで満足して暮らしてるのでせうか?
お子様が怪電波観ていかがわしくなったとクレーム来ないかビクビクしましたが
偶然にも蛍光灯が技をプロテクトしておりました。
これならKIDSにも安心さ、怪電波。


今年親子で最も刺さった1台。
STOOPさんのBUELL。
これはモーレツにカッコいい!!
薄く小さい三角形状のタンクといい
非常に巧みな色使いといい
マフラー形状といい堪りません。
完全に憑りつかれました。
これで腕のあるライダーがレースでサーキット出てきたら
カッコ良過ぎてワタシは自分への敗北感でいっぱいになり
きっと単車降りてヘラブナ釣りとか盆栽に走ると思います。
兎に角ステキでございました♪

なにかイケナイものを摂取してると思います。
この猫様。

あ、きょーへーのベリバだ。
あいつ、お店の壁ぶっ壊してそのまま持ってきやがった。


こちらのカメラのタイミングに
完全に出遅れてるきょーへー。


心優しき人ならこっちだけ掲載するのであろうが
ワタシはちっとも優しくない人間なので
両方とも掲載する事にした。


そんなベリバのもうもう一台。
あ、これはKamikazeさんのペイントの1台ですね。
作品から彼の丁寧で細かい姿勢が伺えます。


あ、これは橋本君のBAD WORKSさんだね。
初出展、間に合ったんだね。
おめでとー♪
ワタシはルーキーには優しいw


やまりん」さんの何度か一緒に走ったSRもあった。
これ、人が跨って走ってるとカッチョいいんだよな。
でもごめん、ブレちゃった。
でもってもう一個ごめん、店の名前フツーに略しちゃったw

これ、独創的だったな。
何のユニットだろ?
MB系かなぁ?
どちらにせよエンヂンもユニークなチョイス。
クロームのチャンバーって、カッコいいよな~♪

ぬ⁉


デュアルなロケッティアがおりました。
おぉ、福岡の「STUDS MOTORCYCLE」という所らしい。
今度九州帰る時には来訪してみたいわぁ♪
まーワタシのドカも同じなので
フツーにシンパシー感じるわカッチョいいわで
ここのブースの前でも親子でハッスル状態。
でも冷静に見直すと
こちらはとてもシックでアダルトなペイントを纏っており、
「お前んトコみたいなシャーマン全開の車体と同じにするな」
とか怒られたたら立ち直れそうにないので
勝手にシンパシー感じて浮かれない様に
以後気を付けます。

けんたんのトコ、エキモのブース。
輝かせ過ぎじゃね?(笑)


もう1台はこれ。
親方のSRっすね。
同じソフテイル・ロングフォークの手法で
ローテクとハイテクでイメージを巧く分けてる2台のSR。

でも一番「エキセントリック」なのは
他でもない、SHOP主のけんたんだったりする。


売り子さんが目がイッちゃってて怖かったので
Tシャツ貰って速攻で泣きながらおいとましました。


こんな感じで何の足しにもならないワタシのRODショーレポート、
終了とさせて戴きます。
怪電波に真実求めてる方が異常っすよ、異常。
というコトでどうかクレームだけはご勘弁ください。。。。

皆様、お疲れ様でした♪

























0 件のコメント:

コメントを投稿