2012年10月25日木曜日

一瞬の判断とタイミングと事故。

FBでは昨日家に帰ってメシ食ったら書いたのですが
昨日夜に店を閉めて
8月の長旅でEgにだいぶカーボン溜まってるSRのタンクに
エイジ君が提供してくれたワコーズのFUEL1添加して
いざカーボン飛ばしに高速道路でもクルーズしよか、で
圏央道→首都高環状→6号→新木場→レインボー→
環状→4号で国立府中戻ろうと出掛けました。

青梅出口付近で前を走ってたトレーラー周辺から突如凄まじい衝撃音。
と同時に地面に凄い量の何かしらの落下物。
一瞬何が起きたのが把握出来ず
トレーラーが積載物落としたのかと思いました。
夜の空いてる高速道路ですしそれなりのスピードで走っていたので
よく理解んないけど落下物踏んだら絶対転倒する、と
からくも大きな落下物は避けて
ちょっと側壁に接触しそうになりましたが何とか停車。
目の前にあった光景はこれでございました。

これは相当まずい状況なのでは。。。。
左フロント廻り全てふっ飛ばし
車内覗くと左ファイアウォールが室内に貫通してる状態。
ガソリンが漏れているようでガソリン臭が凄い。
何人乗車してたのかも把握出来ない。
正直室内安否確認で覗くのも怖い。

その場にいた方々皆同じようで
何となく周囲をウロつくだけ。
でもガス漏れてるし生存者いるなら出さなきゃ。
しかしガソリン引火も凄い怖い。

仕方ないので意を決して中を覗く。
凄惨な光景はそこには無く、一応ホッとする。
運転席側で人らしき影が動いてる。
「生きてます!ドライバー生きてますよ!!」で
トレーラーの運転手数名と反対側に回る。
飛び散って無くなったガラス越しに安否確認。
「大丈夫です、意識はあります」ドライバー氏。
ひん曲がったドアを数名で剥がして逆さまのドライバーを救助。
シートベルトの外れたドライバーさんがごろっと出てきて
両脇支えられながらも自力で歩いて脱出。
「他に乗車されてる方いませんか?」
「いや、自分ひとりです」

大惨事だったけど無事で良かった。。。。


道路公団が来て警察が来て救急車も来たので
ワタシはトレーラーがいたので直接目撃してなかったので
ここでSRのカーボン飛ばし再開しようと再び出発。

でも手足に何だか力入らなくて
タイヤが何か引っ掛けてたらヤバいとも思ったので
すぐ先の狭山PAで車体のチェック。
幸い車体もタイヤも全部無事。
しかしワタシの衣服やSRのバッグに飛散したガラスがいっぱい。
(車のガラスは割れると丸まって割れるので危険ではない)

もう意気消沈して関越入って練馬で降りて帰ってきました。


現行車って、やっぱ最高水準の安全性ですね。
ワタシの周辺は旧車愛好家が俄然多いですけど
旧車で同じシチュエーションだと間違いなく助かってないでしょう。
高速道路の合流なんかでナメられて
前に一気に3台入っちゃうとか旧車だとありますけど
(ウチの廃エースだと日常でゴザイマスw)
「まーそうだわなー、はっはっは♪」くらいの余裕もって走りましょうね(笑)
特に旧車だけどスポーティーな車乗ってる方、
現行と貼り合ってリスク抱えても
向こうはこの安全ボディで生還しますがこっちは終わりです。
車を末永く維持するためにもムリなさらぬようにw

因みにこの日はジェッペルにシールドでしたが
顔を飛散物から守れて良かったです。
夏に半袖とかで乗ってるライダーとか見かけますが
こういう場面に遭遇したら一発で傷だらけです。
単独事故で済んだものがこれで生じる傷が原因で
二重災害に繋がる結果にもなり得ます。
ファッションはまぁ各自自由っちゃあ自由ではありますが
少しでも意識を心がけたアイテムで走ってもらえれば
この世に起きる不幸は確実に減ると思うので
安全性とファッション性のバランスの良いアイテムを身に着ける
そんな心掛けが出来たらいいな、と思います。

今週日曜日はTRさんのツーリングもありますし
横浜でFREE RIDEも開催されます。
皆さん、気を引き締めてライディングを・ドライビングを
愉しんでくださいまし。


そこまで精神的にタフではなかったようで
本日10時間近く眠り続けてしまったMuneより(苦笑)

0 件のコメント:

コメントを投稿