2012年9月25日火曜日

ご縁。

土曜日は元BOATRAPのビルダー、けんたんが独立して立ち上げた
埼玉・川口にオープンした「エキセントリック・モーターサイクル」の
オープニングレセプションに行って来ました。

半分以上の方が電車で来ていたので
結構美味しそうにBEER呑んでいましたが
ワタシはこちら向かいがてらRITMOさんに納品もあったし
この後偶然にも川口で一件用事がありましたし
夜には阿佐ヶ谷のアンカフェに渡すものもあったので廃エース。
BEERはひたすら我慢して食に徹しました(笑)

いつもの焼き鳥番長(焼きが非常に上手で美味い♪)、
K氏のトラックの絵(byツネちゃん)を初拝見。
美し過ぎて見惚れます。

ここで車坂下MOTORCYCLEの代表、野呂氏と初めてお会いする。
昨年出品されていたアルミ叩きだしのカウル纏ったSRが非常に素晴らしかったので
興奮して色々お伺いしてしまいました。
野呂氏からはツネちゃんのタンクのペイントについて尋ねられ、
「あれ、どうやったんですか?(野呂氏はペイントもこなします)」と訊かれたので
素直に「垂らしまくりました」と回答しました(笑)
非常に気さくで穏やかな素敵な方でした。
実はベリバの恭平でも繋がっているのよね。
こうして生きていると日本がどんどん狭くなります。
あ、勿論良い意味で♪

御名残り惜しいですが夕方にはおいとま。
次の用件に向かいます。
向かったのは同じく川口のAIRFISH様(画像撮り忘れました。。。)。
10月21日のVMX参戦用のマシンのペイントをウチが担当します。
あ、これ一応「カスタムバーニング」の企画だそうです。
代表の東山氏やチームメンバーの石橋氏らと色々と歓談。
やはり直接お会いして体温の感じる中で話をするのが一番です。
初対面ながらかなり有意義な打ち合わせ(?)が出来ました。
お邪魔致しました。
この後アンカフェに「ブツ」を渡して晩飯食って一日終わり。
ウチの家族は遊びに来たワタシの実家のジジババの奢りで
どうやら焼肉食べに行ってたらしいです。
いいもんね、俺だってアンカフェでうどん食ったもんね。。。。



ちょいと作業レポートも。
前回掲載し忘れてました。
こちらはエンドユーザーよりお預かりしたGUZZIのアンバサダー。
倒してしまったらしく、右側かなりべっこり。
あまりに深いので溶接で引っ張り出します。
角で硬いのであまりきちんとは出ませんが
やらないよか勿論やった方がマシです。

「オリジナルかもしれない」というペイントですが、
剥がしてみれば3回塗られてました(苦笑)
しかもタンク前面部ここもパテてんこ盛りでべっこりです。
まぁ旧車なんざそんなモンでしょう。
しかしワタシのアンバサダー(あ、Eg800だからエルドラドになるのか?)、
いつになったら引き取れるのでしょう。
GUZZI手掛ける度に何だか切なくなります(苦笑)


こんちゃんがエンフィで来店。
嬉々としてメーターケーブルの取り回し変更や
ハンドルのタレ角の変更を行う。
そう、あの頃のポジショニングに戻している。
あの頃?

そう、この頃だ(笑)

TRの後藤さんが気でも狂ったかコフィン逆付け。
そこから悪ノリして出来上がったタンクのペイント。
3か月お待たせしてようやく完成。
コフィン逆付けなんざ世界中探してもおらんだろうてw

コフィンがもう十分に存在主張してるから
ペイントは敢えて純正風がいいんでない?と提案。
インドのカレー職人が引いたような敢えてヨレヨレの筆引きライン。
シルバー部分はメッキ調に観える特殊塗料。
しかもそれの期限切れをわざと使用して
東南アジアの「トゥクトゥク」のボディみたいな
とってもチープなステンレス風。
「えー、これインド国内の純正タンクだよー。
インド国内仕様は材料ケチってこんな形状なんだよー」
という凄まじいでっち上げコンセプトを実践してみる。
そもそもヒンズー教でコフィンの形状、使うワケない(笑)
因みに#554はこんちゃんのVMXのゼッケン。

逆付けで合ってますと言わんばかりに
トランスファーもラインの入り方もそれっぽくしてみる。
もうでっち上げなんだか本気なんだか理解らない。
気品があるんだか無いんだかな形状とペイントは
例えるならイギリス製生産国インドの紅茶の缶みたい、と言おうかw


こんちゃんがこのエンフィを手に入れたのが2007年。
2009年にHOTROD SHOWに出して
2011年にドラマティック・エンヂンブロー。
そして2012年に遂にこの車体でOVER THE TON果たす。
歴史がこっちのパネルにどんどん刻み込まれていくワケだね。

こんちゃん、ホントお待ちどうさま。
どんどん意味不明な多摩地区ノリになっていくエンフィ。
というか立川スタイル、かw
いいね、この無国籍な感じ♪
日曜日、これで一緒に走ろう!!


前回、忙しい中怪電波発信して良かったコト。
N氏の作業中のHARLEY。
経過途中のペイントを観てオーナーN氏が
「タンク上部にも黒入れる予定でしたよね?」
おおおぉぉぉ、血の気引きました。
まだ間に合う行程でしたのですかさずマスキングして黒を。
危なかった。。。。。
入庫パンパンでワタシの思考能力もパンパンの時は
デザイン(参考画像含め)ちゃんと用紙なりメール添付画像なりで
きちんと貰っておかないと危険だな、と改めて再認識。
N様、ご連絡ありがとうございます。
ならびにご心配お掛けしました。
水曜日のお昼、お待ちしております。


そうそう、話が前後しますがAIRFISHの東山氏、
実は遡る事7年前に繋がっていたのであります。
お恥ずかしながらこれがそれでございます。
SRの25周年イベントに行った時に
雑誌「GOGGLE」誌に掲載されたものです。
当時一応ちょっとずつですがウチの認知度も上がりつつあった時で
進んで撮影会とかは控えていたのですが
GOGGLE誌からお声を掛けて戴き、
こちらの雑誌は元々個人的に大好きな雑誌だったので
嬉しく掲載して戴きました。
実はこの時ワタシの車輛を会場から選んだのと
この文章を書いたのが当時フリーライターであった東山氏だったのです。
もうね、こういうのを「ご縁」というんだと思います。
あと何年生きるのかは理解りませんが
こういう生きてきた中での繋がりは大切にしてきたいものです。
ってか下の「とんび」は今元気なんだろか?


今週は月末という事もあり、メチャクチャ多忙です。
ほぼ寝ないで納品のギリギリの時間に向けてアタックしております。
ご来店は来週以降にして頂けると大変助かります。
今週末までに山超えるので
30日の日曜日、川越で催される
小江戸フリージャム」、行きませんか?
お昼くらいまで見学して午後には移動してメシ食って帰ろうかと。
エンフィのこんちゃんとワタシ、現在2名です。
折角の秋のイベント三昧のシーズンですもの、
どんなに忙しくても、ね。
少しはバイク乗って遊びたいんです(苦笑)


0 件のコメント:

コメントを投稿