2012年9月1日土曜日

パテ作業とナイフ作業は別にやった方がいい。

さて、立川戻って早速作業に勤しみますが



あぁそうだった、九州帰る前の段階で
ブースの中が「腐海の森」だったっけ。。。。

まーこのヘインリッヒのタンクがぼっこぼこで
基準が全く無い様な状態で。
しかも通常のBMWタンクと比べても2倍近くあるデカさ。
久々に下地で手を焼いたタンクでござんした。


そんな中、もう先週の話ではありますが
Ryozzy君主催の「缶KOFFEE CRUISE」にドカで遊びに。
こちらのイベントは三多摩集会の方々も結構参加されております。

2400近くSRのアップハン乗って来たので
久しぶりのセパハンは自分の車体なのに新鮮極まりない(笑)
しかし、こっちも九州帰る前にマフラーのガスケット交換して
フランジを仮締めだったのを忘れてて
行きしな物凄げーアフター吹きまくり。
道の駅着いてすぐに工具借りてフランジ締め直しデス。

おぅ、久々のユーイチ君とRYU君だ。
因みにこの日のこの画像は勿論だがほぼワタシの撮ったものではなく

こちらのスーパークリーンな510のオーナーT氏から拝借したものだ。
因みにフランジ締める工具も氏よりお借りした。
とことんワタシは最低な人間である。。。。

9月より川口で新規SHOPを立ち上げたけんたん。
この日は久々の復活のW650で来た。

小平のツネちゃんも来た。
ってかなんちゅう長いシーシーバーじゃ。

ワタシより長い(怒)

ほんじゃ、ま、出発♪

けんたん、22日のオープニングBBQは顔出すよん♪

ちぃちゃんも同じく22日よろしゅうに♪

この日は山口輪業、3男がライドインしてきました。
あー、長男が
「どーせ3男の方がイケメンっすよ、えぇそうっすよ」と
Blogで嫉妬しておられた3男殿ですね。
ん、確かにイケメンでしたわw
手前はこれまたお久しぶりの/5乗りのA氏。

立川軍団も出発っす。

気持ち良く圏央道流して解散。
帰りがオカベ氏と帰りましたです。



エイジ君がチャリンコで来店。
以前ここでも紹介したウチからすぐそこの
FUNNY'Sさんで一目惚れして手に入れたそうで。
これにレタリングを、という依頼。


ワタシやエイジ君にピッタリなサイズの小粒なこいつ。
しかしこうして各部眺めてると
その繊細な造り込みのレバーといい

キャンディの色抜け具合が色気たっぷりのエンブレムといい

リフレクターの更にサイドに付いてるリフレクターといい

昔のモノって造り込みが丁寧で温かみがあっていいよね~♪


何て入れてもらおうか悩んでるエイジ君。
ワタシはその間に他の調色作業したりで
じっくり考えておいてもらいます。
で、決まったので両サイドに。
こっち側は「TON UP PSYCLE」
このチャリで160㎞オーバーする気なんだ。
さすがはエイジ君(笑)

反対側は「JUNK CLASICS」。
ん?これって。。。。
「本当なら一緒に遊んでもらっていたはずのやまさんに敬意を表して」
ホントに心清きロッカーズだな、キミは(涙)

元から前方にあったトランスファーっぽく仕上げて
ずっとあったかのような馴染み方で入れてみました。

夏季休業持越しちゃったメットのペイント。
隠れ旭日旗デス。
何だか最近の事象にタイムリーな感じですが、
別にそんなのとは関係なく
ウチでは以前よりオーダーの多いスキームでございます。


反対側はオーナーの希望でNo.18。
70年代っぽいフォントにアレンジして入れてみました。
個人的な意見ですが
例えば「1」なら1本だけライン太くてあとは細かったり、
「8」なら外丸と中丸が形状違うのをラインで無理くり整合取るとか
なんだかそんなのが70年代っぽいかな、と。
80年代だと多分きっちりかっちりライン整合感ありまくり、が
80年代かな、と。
特に参考資料無かったんですが
勝手に脳内イメージでアメリカの片田舎のケーブルテレビの車、
その中継車のボディに描いてそうな「18」をイメージです。
でもってこの塗料の飛び散りっぷりといえば、そうです。
あのSRVのオーナー、T氏からのご依頼ですw
こんなラフ&イージーなオーダーもまたいいっすね。
やってて面白いっす♪

 でもって土曜日早朝の現在。
やっとこさっとこ形になったへインリッチ一式のペイントに漕ぎ着けました。
これのクリア入れしてるのでこうして怪電波書いてますw

しかし眠いし、お前デカい(苦笑)

 追伸:
発売中のMOTO NAVI誌。
特集が「ガレージが欲しい&トランポが楽しい」。
ザンネンな野郎が4人も掲載されております。
(アルファ、ダッジ、トヨタ、VW
掲載にも気付かないザンネンはあまりに酷いので
念のため他のザンネン御三方にお知らせ致します。







0 件のコメント:

コメントを投稿