2011年11月14日月曜日

シングルドカミーティング2011

お邪魔してきました。
現在結構仕事が詰まってる状態でしたので
(とはいえ今年の夏場よりは遥かにマシ)
寝ずにGoしないと寝過ごしそうだったので
前日夜中はひたすら作業。
到着したばかりのVINCENTのトランスファー、
あの失敗と成功の鍵が全く見当つかない
あの恐ろしいトランスファーを貼ったり、
RZのカウル一色目入れたり
GUZZIのタンク仕上げたり
HARLEYのカフェレーサーのシートカウルにグラフィック入れたり。



朝は朝でずっと約束してた
娘っ子のバイクの練習しに行ったり。
まだまだたどたどしい操作の娘っ子に振り回され
川原で遥か向こうのあっちに、今度は逆の遥かこっちにと
こっちは自走で全開で走らされたり。
まぁ娘は凄く愉しく乗れてたようなので良しとします。
実際こっちは脚ガクガクになりましたが(苦笑)






















娘っ子と川原でカミさんがこさえてくれた
おにぎり食べて立川戻り、
シャーマンしてるウチのドカに跨って出発。
この時点で集合時間の9:00をとっくに回ってたので
高速でドカーン、と。
高速はギア抜け気にしなくて良いし
オーバーサイズピストンとハイカム、
でもってEg構成パーツの全てにモリブデンショットしてるので
どの領域からアクセル開けてもババーンと加速するので
とっても愉しいです、DUCATI。
しかし振動が物凄いので
台場で高速降りた時膝下痺れちゃって
信号で脚出す時ちょっと焦りましたw




会場到着。
レストアペインターのクセに
失礼極まりない車体のワタシは
端っこに止めようと思ったのですが
結構真ん中に誘導されちゃいました(苦笑)
結構集まっております♪




















主催の方々とご挨拶。
カミさんと結婚する前のもう18年くらい前、
ここグルッポさんのツーリングに
CB93で参加してた事もあり、
主催の方々も憶えてくださっているので
何だか有難い限りでございます。
ワタシ、あのまま現在これでメシ食ってる分際になりました(笑)
因みに93に乗せてた女性が今のカミさんだったりもしますw



















2年前に参加した時からカラーリングも変えたのと
(2008年参加の頃のビッチ)


















昨年はドカがEg無いよ~だったのでジャイロで行ったので
(2009年参加の道化者)






















どちらも破廉恥極まりないので憶えていてくださった方も多く、
おかげさまで(?)今回は話掛けてくださる方も多く、
ワタシも自分の店のイベント外での個人参加だったので
何だか皆さんとゆっくりお話出来たような気がします。
たまに主催離れて参加するのはいいですね、新鮮で♪




自分の車体(ノンデスモの元スクランブラー)、
フレームが結構貴重なワイドの初期型らしいです。
うわー、そうだったんですね~
自分も出来ればこいつのオリジナルの姿、
観てみたかったですわ。
まぁウチに来た時点で外装デタラメの個体だったので
最初から叶わぬ願いだったんですけどね。
でもそういう情報を得られたのも何だか嬉しい。
今では完全に獰猛なビッチになったウチのドカが
品行方正なお嬢様時代の頃の意外性を知ったキブンです(笑)




製造からおよそ40年近く経過したDUCATIシングル。
同じ様に観えてそれぞれオーナーとの歩みで
細かく違いがあるのも面白いところです。




こちらのタンクに浮かんでる「吸い込み」はもしかして・・・・


















そう、FRP製でした。当時物でしょう、間違いなく。
同じ様な経年変化の「吸い込み」の出てるタンクを
NORTONコマンドのファストバックや同じドカのセブリング、
英国物のENFIELDやBMWのホスクでレストアしてきてるので
外装のこのヤレの特徴ですぐに理解りました。
ショットガンのドカ単でもFRPってあったのね。


















こんな面白いカスタムも来ておりました。





















125のスクランブラーのフレームに250のEg。
フロントは21インチ化されてます。
これで川越のVMX、是非来て欲しいなぁ~~♪
勝ち負け関係なく走って愉しいですから、VMXは。




















おおっ!?



















アップハンのスタイルでも
結構違和感無いですね。
これは手の平に負担来なくて楽かもしれない。
でもウチのビッチはカウル付いてるから
絶対望めないポジションかもしれない。。。。
























ドカ以外も遊びに来ます。
こちらはMOTOBI。



















スイングアームに付くポンプ(タイヤの空気入れ)固定金具。
こんな小さな造形すら可愛い♪
英国車だとほぼタンク下に隠れるようにマウントするのですが
イタリア車はここにこうしてですかw
「外に搭載するトコが無かったんだろうね」
うん、確かにデザイン徹底されてるから
部品がスイングアーム上にあぶれちゃったのかもしれない(笑)
このちょっと考えなしなのがイタリア車。
しかしそれを逆手にとって洒落で持っていっちゃうのもイタリアw



















エンジンは今観ると結構スペイシー。




















国産も面白いのが来ました。
ライラックですね。



















戦後の無一文だった日本を生き抜いた
何だか戦士のような傷跡が頼もしいですw



















AMAL392が付いてた♪
要はMIKUNIですw





















ウチではお馴染みのN川氏がゴルディ2機連れて襲撃。




















以前もご一緒させて頂いたT氏らと来たのですね。
機会があれば今度はワタシもご一緒させてくださいまし♪



















余談ですが
N川氏のあのハードなポジションの後ろに乗って
寡黙にじっと乗り続けて
微笑を絶やさない
N川氏の奥様が一番エラい、と思う(笑)
(画像はその旦那のN川氏より拝借w)




















当日はとても天候も良く。
・・・・・というよりむしろ暑いくらいで
台場の先っぽなので飛行機も低く



















ドカ単より後の産まれなのに
何だか大切にされずに不幸な末路辿ってる方もいたり



















まぁそんな中ゆっくりとお話が愉しめました。
昼過ぎには解散。
非常に愉しい時間でした♪
主催のグルッポの皆様、ありがとうございました。
会場でお話された皆様、ありがとうございました。
また次回お会いしましょう~、で高速で一路復路へ。



















店戻ってそういえば28時間近く起きてる事に気付き、
でも覚醒しきちゃってて眠くないんだよね、とは思いつつ
カミさんや子供らがいい加減に寝なさいと激怒してるので
床についた途端に瞬殺で気絶しましたw





いつかラウンドツーリングも参加したいですね。
18年前と同じく
後ろにカミさん乗せて。
あ、だとしたらウチのビッチドカはお留守番だねw
今だとSR、か。
そう考えるとナンバーある車体って少ないんですね、ワタシ(苦笑)
早くMOTO GUZZI持って帰ってやらなきゃですね。
あれ、もういい塩梅にサビて腐ってきてると思います。。。。



























































































































2 件のコメント:

  1. 暁埠頭公園ですね
    10年くらい前、某巨大掲示板バイク板の集まりで夜な夜なここに来てました
    懐かしいなぁ

    返信削除
  2. 腕相撲殿
    おおぅご名答!!
    こんなトコで以前集まっていたのですか。
    まぁワタシが10代の頃の品川埠頭とあんま変わらん
    「何も無さ」ですな。
    あ、トイレあるだけこっちの方がマシですわ。
    品川埠頭はほれ、そんな時はアレですよ、アレ(苦笑)

    返信削除