2011年6月2日木曜日

命綱

本日はOPENと同時にマスクのメンテナンス。



















ブースに入ってる間、
ワタシの命を守ってくれるいわば「命綱」。
ちゃんとマメに手入れしないと危険ですからね。

因みに左下のフィルターが今まで使ってたヤツ。
上の片面装着されている方が新品です。
ここまで顔料・溶剤で汚れるんですね。
画面中央が謂わば一番のライフラインである
有機溶剤をカットする活性炭フィルター。
その上に薄い物理濾過フィルターが乗って防護します。






















概ね薄い物理濾過フィルターが1ヶ月で交換。
科学濾過のベースフィルターは3ヶ月で交換というサイクル。
上の汚れの目視出来るフィルターだけ交換して済ませる
そんなペインターの方も多いのですが
(自動車屋では年配ペインターはここ交換しない人もいました)
有機溶剤が一番の脅威なので
目視の汚れがなくともこれはキチンと交換です。





















頭に固定するゴム紐は半年毎に交換。
これはゴムがダメになります。
ブース内に漂う有機溶剤の影響受けるんでしょうね。
顔に固定する際のテンション掛かってる部分のゴムが
溶解したように溶けてこうして伸びきります。
勿論顔への密着率が極端に落ちるので
ここも半年サイクルで交換となります。
しかし普段の生活では有り得ないダメージっぷりです。
なにせゴムが溶解してるのでネチョネチョしてますから(笑)
我ながら厳しい環境で仕事してるんだな、と痛感します。


他にもマスク内の逆流防止弁とか
結構メンテ箇所はあります。
ガンのメンテは完璧でも
このマスクのメンテがないがしろの年配ガンマンの方が
実は結構多いので
出来ればいつまでも健康でいてもらえるよう
他のペインターの方にもここに気を使ってもらいたいものです。
たまにTシャツとかで吹いてるペインターの方とか観ますが、
人は皮膚からも呼吸してますから
ここはどんなに暑くてもウザくても
やはり長袖で皮膚を露出しない方がいいです。
そういう意味では粘膜露出してる目が一番危険なんですが、
ここだけは「観る」が一番の肝である仕事故に
仕方ないのかもしれませんね。
実際ワタシはペインター始めてから
年々視力がガタ落ちしています。。。。



ま、いっかw
守れるトコはキチンと守って
どーしよーもないトコは気にしてもしゃあないw
ささ、本日も頑張りましょう♪

0 件のコメント:

コメントを投稿