2011年3月21日月曜日

「和」繋ぎ。

無事に引渡し完了です。
先ずはお持ち寄り戴いた方々、
この情報を拡散戴いた方々に
お礼申し上げます。

本日15:00ギリギリの時間まで
沢山の方々が物資のご提供してくださいました。
15:00過ぎてLOOSEFITのオサム氏とワタシ、
そして常連のノリダー3人で猛然と仕分けに入ります。
ダンボールは被災地の要望通り
下面以外の全ての面に内容物の記載をします。
どう積まれても内容物が判断出来るように、ね。
あとは成人男性・女性、子供、乳幼児で
そして上着・中着・下着で
あとは洗面用品・おむつ・ペーパー類と
仕分けていきます。

















どんどん積み込まれていく物資。
廃エースがいっぱいになりました。


















本当に満載。
人ってまだまだ捨てたモンじゃあないっすよ。
ここ立川、いや多摩地区の繋がりで
概ね50人くらいの被災した方々の物資が賄えたような
そんな物資量に達しました。

















早速病院に持ち込みます。
受付場所は病院道向かいの路地一歩入った場所、
「東京医労連」様です。























建物内は他からも集められた物資でいっぱい。
至る部屋に物資が山積みになってました。



















こうして「和」の引継ぎ完了。
残りは宜しくお願い致します。
あと我々に差し入れとして
お菓子等も何点か戴いたのですが、
それは我々が戴く権利はございませんので
こちらのスタッフの方にお渡ししました。
現地に向かうスタッフの道中のパワーの「源」に
なってくれれば、と思います。
お気持ちだけ我々は戴いておきます。
ありがとうございました。


















東京医労連のスタッフ、穂阪氏よりお話を伺ったところ、
現地は被災者の精神的にも肉体的にもかなり限界に近いようで、
医療品は絶対数不足しているようです。
ここ数日の活動の透明性を開示すべく
ご本人承諾の上写真掲載させて戴きます。



















また、集団で避難所にまとまっている為、
インフルエンザやノロ・ウィルスの蔓延も見られるようで、
ノロなんかはキャリアが嘔吐した嘔吐物から確実に拡がるので、
しかし隔離出来るような設備の充実も勿論無く、
弱っている高齢者・小児に蔓延が拡大する懸念があります。
かなり深刻な状況のようです。

また、物資輸送でこのような公の車輌でも
ガソリン(又は軽油・灯油の類)の入手が困難で
ここ立川には物資は集まりつつあっても
中々被災地までの便が増発出来ない現状のようです。
そしてもう一つ深刻なのは
車輌の確保(ドライバー込み)もままならないようです。
福島等の風評もあり躊躇するドライバーも多いようです。
この様な状態なので車輌とドライバーは常に募集しているそう。
勿論、このタフな風評の状況なので
ボランティアとしてではなく
「対価支払わないと無理でしょうね」と仰っておりました。
こればかりは大型免許の無いワタシには無理です。
どなたかこれを読んで立ち上がってくださる
そんな心意気のプロ・ドライバーが名乗り出てくれる事を
ただ祈るばかりです。

今後の被災地への物資援助ですが、
道路等の整備が或る程度整い、
この買占め騒動が落ち着きガソリンの安定がみられれば
次なる供給は普通の日用品がメインになりそうです。
お茶碗とか食器とか椅子とかラジオとか
もうホントそんな日常品ですよ。
だって、何もかも流されてしまってますからね。
そんな日常品がメインになりそうです。
これらなんかだったらダ○ソーとかでもいいじゃないですか。
あとは我々都会の住人の「楯」になってくれたと
そう言っても過言ではない福島の方々の為の「飲料水」です。
引き続きオサム氏とワタシは医労連より情報貰いますので
随時継続してこうして呼びかけさせていただきますね。



最後に。
やっぱワタシらが述べるのもなんか変な話ですが
やっぱ何だかそう言いたくなります。
皆さん、ありがとうございました。




明日以降は継続支援情報以外は
路地裏で何やってんだか理解らんような
いつものMOTORCYCLEレポートに戻りますね~
さぁー頑張って「和」の経済を
支えていかにゃあね~~♪

0 件のコメント:

コメントを投稿