2010年7月5日月曜日

L.O.C.第2戦。

昨日は富士へLOCの第2戦を応援しに行きましたです。
本当はほぼ1年ぶりに出来上がったドカの馴らし兼ねて
一人気楽に行くべ、と思ってたんですが、
何だか当日天候が危うい。
流石にシェイクダウンで雨ざらしもなぁ、と思っていたら
同じくLOC観戦予定だったラズダズのRyozzy氏より前日に℡が。
あー、彼のチョロ(3100ね)ワイパーなかったっけね。
彼も同じく雨で富士への往復はキツいようで(笑)


というワケでさっちんも同乗して3人で廃エースでGo、です。




今回のメインは初参加のこやつを応援しに行く事。
BERRYBADSのKYO-HEYのBSAがサーキットデビューです。
こいつは楽しみです。


















というワケで今回のLOCはこちら
BERRYBADSさんと江戸川チューンで有名な
TRIDEさんのブース中心に応援に駆けつけましたです。
しかしこのTRITONは本当にいつ観てもカッコよろし。
実は予選の時にタンクカバーで別物の外装装っていて、
このペイントもワタシ的には非常にKOOLで好きでした♪
多分、旧車界隈でしかもヨーロピアンでは
ほぼやられないであろうPAINTでしたが、
ワタシにはかえってその心意気がシンパシーです。


















今回KYO-HEY氏は前日より富士入りしていたらしい。
昨日は完熟含め何本か走ったけどレインでは、ね(苦笑)
しかし本戦では初陣で立派な走りでしたよ、ええ。



























おぉ、別冊の品田氏もおりますがな。
でも何故か愛機のT500が地面に寝転がっとりますがな。
「クラッチ切れんくなってもうた、ははは」
いつもいつも彼の愛機のSUZUKIは何かしでかしますな。
さすがはスズキマニアの車体です。
スズキはそうでなくちゃ、です。
意味不明です、すみません。
本戦では無事にクラッチ様もお切れになられ、
TRのKato氏と何やら面白いつばぜり合いを演じておられました。
しかし別冊、神山氏といい品田氏といい
キャラが濃ゆいですな(勿論褒めてますw)


























桐高レーシングのイケはん
何だかカッコ良く写ってますが、真意は皆さんにお任せしますw
真面目に車体のセッティングしてるように見えますが
その実回路繋げてオルゴール鳴らして遊んでるだけです(笑)
そういえば彼に丸投げするであろうウチのレーサー、
なんかマネーロンダリングでやるのか実費なのか
どーすんねん!!みたいな回答を彼に迫られましたが、
昨日はワタシ、逃げ帰りました。。。
(実際に迫ってきたのは何故かつのちゃんでしたけどw)
自慢じゃねーけど今、ブッチギリで金持ってません♪


















仲間に裏切られ、変態ネーム登録一人だけという
憂き目にあったのかそれすら彼には悦楽なのか、
兎に角そんな変態レーシングチームのボス、つのちゃん
あぁ、でもこう書くと赤石氏にいつもすまない、という気になる。
(だって赤石氏だけはストイックでナイスガイでカッコいい)
まぁ例の通りカメラ向けると何かしでかすので、
ポージング途中でもう撮っておいた。
彼にとって最大の屈辱は
「やりきっていない・未完成・途中」であろう(笑)
でもつのちゃん、予選で直線でブローしてたHONDA観た時、
「ああぁー、あれつのちゃんでないの?」
と、ワタシ勘違いしてました。ゴメンナサイ。。。
(だって遠巻きに観ると皆HONDAワークスカラーなんだもん)
今回はちゃんと目一杯走れて何よりでがす。


























今回初参戦となったTRのCB750レーサー。
勿論乗るのは社長。
ドカが不調故に今回からはこっちで。
んでもってやっぱ速い。
予選でガス欠になるくらい速いw
ただ、毎回思うのですが、
本戦でトップ争ったGUZZIの御大、かのJ氏と共に
TRの社長も負けん気の強さは誰にもひかず、な世代の方々なので、
TRの社長が凄いのか車体が凄いのか(ドカもこのCBも)
毎回理解んないw



















今回一番愉しそうだったお方。
TRの後藤メカ。
とにかくひたすらに愉しそう。
もうね、その言葉くらいしか無い位に愉しそう(笑)
そうね、サーキットでは幾ら右手捻っても
赤色灯回して公僕が来るコトぁございませんものね。
レース終了後に皆さん椅子でまったりしている時も
後藤さん一人、ヴェロのリアタイヤに付着しているオイルを
何か凄げー愛情込めてせっせと拭き取ってる様は
調教師と競走馬みたいだ。JRAのCMっぽい光景だよ、えぇ。
でも後藤さん、レース中に手ぇ振るのはやめようねw


















まぁ、そんなワケでどうにかレース中までは雨も持ちこたえ、
無事に終了。
レース観に行って人しか撮ってない。
しかも途中でバッテリー切れw
帰りは局地的に怒涛の豪雨でしたので
やっぱ廃エースで正解でございました。
但し、車内クーラー無いので蒸し蒸しでございましたが(苦笑)

あ、因みに行き返りの東名でやおら目撃したセロー。
バハでもシェルパでもいいものを、何ゆえに揃いも揃ってセロー?
どうやら同じく御殿場の山の中で
セローのミーティングがあったらしいですぜ、Ryozzy君。
ってか、本当にミーティングだったのだな(笑)
ってコトは帰りの「渋滞の元凶」だったあの立ち往生ランボ軍団も
やっぱしミーティングだったんでしょうなぁ。







先週の仕上げ一覧。

毎度遠く島根県よりオーダーくださるS様、
今回はBMW外装一式をご依頼くださいました。
お仲間様のご紹介含め、
いつもご用命ありがとうございます。
でもS様PC持っておりません。
すなわちこのBlog観ておりませぬ(笑)
ご年配の方々は
「●●年の●●号の特集でお宅掲載されていましたよね?」
といった雑誌のアーカイブスでお問い合わせくださる方も多いです。
何でもかんでもイージーにネットで情報拾う世代と違って
あの雑誌の何ページに載っていた、みたいな記憶を
掲載された当方よりご存知の方もおります(笑)
「便利」と「怠慢」は紙一重だと
なんだか思わされる時がございます。


















因みにこちらのタンク、
オリジナルに貼ってあったタンク上のデカール残してます。
タンクの程度によっては
こういう風にCAUTIONデカール残すのも可能です。

















BERRYBADSさんよりオーダー。
車体はKAWASAKIのバルカンだそう。
オーナーからのオーダーは
70年代のネイキッドの雰囲気で。
あ、ゼッツーの火の玉好きです!!だったのですが、
それをそのままだとなんかやり過ぎっぽくもなりますし、
ゼファー買った方がいいんでね?になるので、
あのカラーリングでタイガーカラーのグラフィックでやってみたです。
タンク形状がそもそもなのでなんか可愛い♪
で塗ってて気付く。
このカラーリング、A&Wっぽくもあるし、
昔のロマンスカーっぽくもある(笑)
あぁ、ちゃんと70年代w



















すみません、あまりにドタバタな先週だったので
画像が酷い。折角仕上がったのに。。。
M様、エンフィに装着した際には
改めてお写真撮らせてくださいまし。



















他、既にギャラリーに掲載されているカラーリングの
レストア等、多数。

本当にありがとうございます。
おかげさまで現在8月までは全てオーダー埋まっております。
というより多分今週で9月も埋まります。

ささ、只ひたむきに・おもむろに
今週も頑張ってまいりませう。

6 件のコメント:

  1. 観戦及び応援、ありがとうございました。

    今回の「T.Rレーシング」は、別冊のS田氏、大阪より参戦のSu氏を含め総勢6名の大所帯となりましたが、全員無事完走出来た事が何よりの喜びだと思っております。

    リスクのある「大人のお遊びで」だから楽しいのですが、大人ですので心に花一輪を指して余裕で楽しみたいものです。
    だから、私がスゴイのではなく、キチンと整備をしてくれるスタッフが一番凄いのです!

    という事で、今度は ACTS ですね~。
    マシンの仕上げ頑張ってください!

    返信削除
  2. muneさんファンのエリカ2010年7月6日 14:45

    muneさん、日曜日お会いできて涙がでるくらい嬉しかったです(実際にはでていません)tr-manさんみたいなパンツの裾からはみ出るくらい立派モ◎がほしいです。

    今度はもっと早く速くハヤク!


    ・・・ポージングできるように鍛錬します。

    返信削除
  3. tr-man殿
    お疲れ様でございました~
    富士のあの直線は魅力的ですねー
    思わず勝ち負けどーでもよくて
    ドカで走ってみたくなりました。
    でも多分Katoさんが
    「ええぇ、あんなにやったEgなのに。。。」
    で、血の気引きそうなので
    やっぱ控えときます(笑)

    そうですね、24日レースですものね。
    それにしては出来てないですよね、
    ウチのマシン。。。。
    頑張りますw

    返信削除
  4. ス●トロール角田殿
    いや~、めっちゃ気持ち良さそうに走ってましたねー
    でも紆余曲折越えてあのサウンド、
    ホントに良かったですばい。
    観てる方も嬉しかばい。

    ポージングが極めんでよかとよ♪

    返信削除
  5. MUNE様
    またまたこっぱずかしい場面を見られちゃいました。
    雑誌屋としてダメダメです。

    決勝は運よく走れたものの、TRのK藤さんは4スト250。最高速がほぼ同じってのも考えものです。しかも、富士の道をまったく忘れてて、芝生を何度耕したか分かりません。。。

    返信削除
  6. SB品田殿
    折角芝生を耕しても
    その上を2スト煙で走っては
    やっぱし芝生はもう生えてきませぬw

    次回はシビれるような2ストサウンド&走りを
    富士の直線で拝ませてくださいまし。

    返信削除