2010年2月21日日曜日

愉しむかね(笑)




















せっせと仕事していた時、
携帯が鳴った。
知らない電話番号だ。
新規のオファーですかね?


「はい、ステューピッド・クラウンです~!!」
「あ~、ステピッド・クラウンってのはお宅?」

「。。。えぇ、ステューピッド・クラウンと読むんですが」
「あ~、まーそれはええわ」
「。。。はぁ。で、ご用件は?」

「今さ、仲間ンとこでモトチャンプ観たんやけど
これ最高やね」
「あ~、それはわざわざどうもです」
「でな、これオレも造って欲しいねんけど、いくらくらいなん?
ざっくりでええわ、ざっく・・」
「120万です」
ガチャ・・ツーツーツー


即答したのに切られましたわ(笑)
んなにするワケねーだろが。
ビッグ・ディール逃したな~w
久々に来たぜ、こんなの。



以前、某雑誌にウッディヘルメット掲載した時。


♪℡~~
「はい、STUPID CROWNです~!!」
「あ~、今お宅のペイントしたメットの雑誌観てるんですけど
これ最高っすわー」
「あぁ、それはどうもありがとうございます」
「んでぇ、俺もメット塗ってもらおうかと思って今電話してるんすけどー」
「あぁそうですか。それはどうも。
で、メットの形状はどんなタイプの・・・」
「んだよ!!うるせぇなぁ!!出りゃあいいんだろ、出りゃあ!!!」
「?・・・あの、今どちらからかけていらっしゃいます?」
「あー、本屋で電話かけたら店員が寄ってきてうるせーんだよ」



あの、取り敢えず先ずはその本買いましょうよ,普通に(笑)



最近はこういうのはめっきり減りましたが、
こう言っては何だが
掲載される雑誌によって随分と電話対応が変わりますな(笑)
言い切りはしないが若年層向けであればある程酷いっす。
反響があるというのは良いコトではあるんですが(苦笑)
あ、勿論キチンとされた普通の方が大半である、という前提でのお話です。


今一度書きます。

特に携帯からのEASYなメールに多い文章。
「バイク塗ってもらっていくらですか?」

回答1:車種を名乗りなさい。
回答2:どこ塗るんですか?ドブ漬け?
回答3:俺色に染めても、いい?
回答4:名を名乗れ。


上記に値するワケ理解らんメールには
この回答を送り返しますので、あしからず。



ワタシのSR。
もう10年近くはあの形のまんまで
特にそれ以降何もイジッておりませんが、
最近ちょくちょくSRに関してメール戴きます。
雰囲気いいですね、とか
ああいったカスタムがあまりないので刺激になりました、とか
付いているパーツの問い合わせとかは
勿論嬉しい限りですし、ご返答させて頂きます。
皆さんそれなりに頑張って検索されて辿り着いておりますし、
その努力はSHOPとしては誠心誠意応えるのが常、です。

でもね、今年初めに来たメール。
「10年もそのままではそろそろ飽きませんか?
よろしければ譲ってくれませんか?」


余計なお世話です(笑)



惰性で10年そのまま乗ってるワケではございません。
6年後には息子が400にランク落としてセパハンで乗る予定です。



「やっぱ若い男はセパハンじゃないとダメだと思うんだ。
だからハンドルは変えたいし、キャリアも降ろすかもしれないけど、
ヴェロマフは残したいんだ(息子:談)」

セパハンじゃなきゃダメな理由はよく理解りませんが、
そんなワケで譲渡は諦めてくださいまし。




常連さんの日記読んでて思い出したので
久々にこんな話題で書かせていただきました。


秘密のガレージ、徐々にマシンが埋まりつつあります♪

2 件のコメント:

  1. モリーニでお世話になった下山家のものです。
    どもです!

    ある旧車の掲示板でちょっと気なる若者からの投稿がありました。



    古いデザインものが大好きで〇〇は高校生の時から好きでした。大学への通学路には朽ちた〇〇横目に「お疲れ様でした・・・」と勝手にぼやいてました。
    本日午後、急に〇〇が気になりネットで検索してたどり着きました。皆様の愛車羨ましいです。〇〇も何だか楽しそうにも見えてきます。今すぐとは言えませんがいつか必ず乗りたいです。
    出来ればこちらのメンバー様の愛車を引き継ぐことが出来れば・・・。大事にされてきたマシンなら僕も大事にしたいと思うので。
    また覗かせていただきます。どなたかお譲りいただける方居ましたらメールでもいただければ幸いです。
    宜しくお願いいたします。


    あなたのそのお気持ち分かります。
    でも、見も知らない人に大事なバイクを譲ろう、という人はあまりいないと思うんですよね。

    オーションや本人が死んじゃった時は別かもしれないけど、旧車の世界はネットとメールより、まずは人のつながりとか人付き合いからだと思うんですよね。

    これも、近年の「今」の環境が及ぼす悪影響か?・・・

    「別冊」の最後のページを見ながら、「ご夕食時に恐れ入りますが・・・バイクの用件なのですが旦那様はおられますでしょうか?」、とか電話してた頃が懐かしいです。
    自宅だと電話に出るのはたいがい奥様が多かったので・・・

    自分なんて、あるバイクに乗りたくて、ワンメイクのクラブに4年くらいいたけど、最後まで誰も譲ってくれる人はいなかったです。「死ぬまで乗るつもりだよ・・・」と冗談半分ながらに思って乗ってる人が多いからね。

    返信削除
  2. 毎日銭湯殿

    お久しぶりです~
    FOR SALE欄見て自宅に(携帯無い時代w)電話、
    なんか懐かしいですね~
    「取来人」表記とか(笑)

    そーそー、大体奥様が出るんですよ。
    で、当の本人に代わると
    「いやぁ~、スミマセン。
    ウチの家内がまたバイク買ったと勘違いして
    電話対応悪くなかったですか?あははは」
    みたいな会話、思い出しました(笑)

    まず繋がりあっての道楽ありき。
    これが希薄な感じをどうしても感じてしまいますね、
    昨今。。。

    返信削除