2009年12月25日金曜日

たまには乗んなきゃな~
















本日VINCENTのK内氏が
忘年会の時の忘れ物を取りにお店へ。
オリジナル外装で現れた。

実はワタシ、カスタムしたポジションでは
百草から立川まで(あ、あの店からですねw)は
乗って移動したんですが、
オリジナル外装では乗った経験、なし。
なのでわざわざK内氏がオリジナルに戻して
来てくださった。
あ、マフラーだけはカスタムのまま。
こんだけパフォーマンス上がると
ここでけはもうオリジナルに戻すの考えちゃうそうですw
1時間もかからず元に戻るカスタム、やっぱ正解(笑)

少しばかり2台で車体交換して
一時間ばかり走ってきました。

カスタムしたバージョンだと
ステップがミッドコントロールになって、
それはそれで雰囲気違って愉しい。
オリジナルバージョンだと
意外にもハンドル位置低めで
それなりにライディング愉しめる。
これはホントに2度美味しい車体になりました(笑)

しかしね、乗って改めて思うこと。
勿論逆シフトだったりブレーキポイントが早めだったり、
それなりの念頭に置いて走行する必要はあるものの、
走りは全然ストレス、ない。
ギャップ乗り越えても
「危ねっ!!」みたいなものはほぼない。
吸排気モディファイされてるからってのもあるけど、
アクセルへの順応性だって全く問題ない。
キックスタートなんか
かえってワタシのCRキャブ入ったハイカム525ccのSRの方が
難しかったくらい(苦笑)
特にこの半世紀前の車体でありながら
VINCENTが如何に当時優秀だったか、ってのもあるんでしょうが、
ちゃあんと整備された旧車ってのは、
本当に良い意味で
「大したコトない」
ですね~♪
これ、別にワタシだからなんてのは全然無いと思います。
某けんたんのW650のような車体はワタシにも多分ムリです(笑)
そういう意味では初期馴染みさえ終われば
普通に誰でも乗れる車体でと思うんですよね、うん。
余計な場所に気を取られるような気難しさなんか一切なく、
走る行為そのものにちゃんと集中させてくれるというか、
久々にOHV特有の緩やかに伸びる走りを堪能させて頂きました~
K内氏、どうもです~
今度はEg仕上がったら「夜走り」の時にでも
ワタシのSHARMAN(ドカ単)と交換してみましょー♪

モーターサイクル絡みの稼業しておきながら、
実に久しぶりにバイク乗りました(苦笑)
いやぁ~、やっぱたまには乗んなきゃな~。。。

0 件のコメント:

コメントを投稿