2009年11月24日火曜日

社外タンクで多い質問

最近すっかり定番になっているチョッパーカスタム用の社外タンク。
スポスタ形状とかマスタングとかピーナッツとか色々出回ってますよね。
これで結構多いのがこれ買ってきたら上からすぐにペイントすれば
キレイになると思っているユーザーさん、多いです。

結論から申しますと、これをまんま塗ってもちっともキレイには仕上がりませぬ(笑)

この社外品はあくまで汎用品なので、
場合によってはステー類は後々にショップで加工・溶接して取り付けられたりもします。
SR用とかW650用とか既に各車種用にステーが造ってある場合もありますが、
これは社外メーカーで溶接してきてるだけで、
基本的には形状は使いまわされてます。
この社外タンク、鉄の肉厚はばっちりあります。
国産、いや外国車含めてここまで肉厚の材質は純正ではほぼありません。
しかし、タンク下や中央部分の接合部分の溶接は正直かなぁり「粗い」です。
要はデコボコなんです。
しかも大抵真ん中の溶接部分は凄い粗いベルトサンダーでガリガリ削って馴らされてるので、
これはサフェで埋まる以前の問題です。
スポスタタイプになると前部分の曲面がとっても「ポリゴン」していて、
そのまま塗れば間違いなくビミョーに多角形なタンクになります。



とにかく、結構な下地処理とスムージングしないと上塗りなんざ出来ませんです。



このタンク、そういうアバウトな造りなので個体差もかなりあって、
モノによっては凸凹過ぎてハンダ盛りで対処せにゃならないものもあれば、
比較的まともで少々のパテ成型で上塗り可能だったりと、
結構ケース・バイ・ケースです。
更に外周ぐるりと溶接で鉄が「虐められて」るので、
タンク内が日本の湿度ですぐに錆でヤラれます。
基本的にこのタンクは中もインナーコーティングしないと使い物になりません。
こんな造りだからいい加減なガソリン漏ってこないように肉厚なのか?とか思ってしまいます。
なのでこのタンクのペイント依頼では概算お見積もりに多少幅をもたせていただいております。
本当に理解んないんです、「現物」見てみないと・・・



このタンク新品でかなり安いではないですか。
モノは考え様で、一番大変なタンクそのものの生産をこんな割安でやってくれている、
と解釈すればそこからキチンと仕上げれば、
純正以上の肉厚の堅牢さも持ち合わせているので、
これはこれでいいタンクだと思うんです。
でも、「安さ」だけで思わず買っちゃった方々にはたまにこちらが作業お見積りお送りすると
「タンクの値段越えられると困ります!!」
と驚かれる時がままあったりします。
試しにまんま塗るとこんだけ酷い状態になりますよ、で一個塗ってもみたいんですが、
絶対ヒドくなるの理解ってて作業するのもなんだかなー、で躊躇しちゃいます。
たまに某オークションでまんま塗って出品している猛者がおります。
画像で見ただけでも「うげっ」なのが理解るのでその画像拝借しちゃおうかとも思うんですが、
著作権とかで物凄いコトに巻き込まれそうなので、それも躊躇しちゃいます(笑)
しかし、そんなシロモノが入札争ってたりするので、それもオドロキです・・・



参考までに、タンクの大きさは大したことないので
ソリッド黒と仮定してペイントだけの料金で概ね¥20,000くらいです。
が、別途下地の仕上げとインナーコーティングで¥15,000~¥20,000が必要、
と思っててくださると助かります。
これを安いと解釈するか高いと解釈するかは皆さん次第です。



0 件のコメント:

コメントを投稿